冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他

葬儀 教会葬

出棺

葬儀は、ほとんどの場合教会で行われます。出棺の祈りを捧げ、最後の別れを惜しんだ後、葬場である教会に向かって出棺します。

入堂式

「天国に導き給わんことを」の祈りが捧げられる中を、棺は教会の中央に、足を祭壇のほうに向けて安置され、花が飾られ、六本の蝋燭が立てられて、いよいよ「ミサ」の行事が始まります。

ミサ聖祭式

故人がカトリックの信徒ならば、ここで「安息のミサ」が行われます。
司祭は故人の生前の罪の許しを乞い、永遠の安息を神に祈ります。参列者も共に祈ります。
スポンサード リンク

赦祈式

ミサ聖祭に続いて司祭は祭服を着がえて赦祈式に移ります。
故人がカトリック信徒でない場合は、ミサは行われず、すぐにこの赦祈式にはいります。
司祭の追悼説教、聖歌に続いて司祭は棺に聖水を注ぎ、次いで「散香」といって香をたきながら棺の回りを回って死者の冥福を祈ります。
最後に一同聖歌を唱和します。

告別式

カトリックでは、正式には弔辞・弔電披露などはしませんが、一般的な慣習にならって、赦祈式に引き続き告別式を行います。
弔辞朗読、弔電披露、遺族のあいさつのあと、一般参列者の献花を行い、聖歌合唱で式を終わります。
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科