冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他

納棺の儀式

納棺

近ごろは、神職の手を借りずに遺族だけで行うようになっています。
通夜に先だち、新しい褥(しとね)ごと遺体を棺の中に納めます。
死装束は、仏式の場合経帷子ですが、神式では白木綿の小そでが正式です。しかし実際には、故人が生前に好んだ衣装を着せ、小そでは上から掛けることが多いようです。生前の愛用の品などを入れ、ふたをして棺には白い覆いを掛けます。
手水をつかい、棺を賓室〈通夜を行う部屋〉に安置して、その前に故人の写真を置き、饌(せん)〈供物〉を供えて喪主から順に拝礼します。
スポンサード リンク

棺前日供(かんぜんにつぐ)の儀

神道では、出棺まで、生前と同じように、生前好きだった食べ物や洗米を供えて奉仕します。これを棺前日供の儀といいます。
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科