冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他

納骨と埋骨

納骨・埋骨の時期

事情によって、なかには火葬したその日のうちに、あるいは翌日には埋骨という例もありますが、一般的には初七日か三十五日、四十九日あたりに納骨あるいは埋骨という例が多いようです。
さらに、墓地が間に合わないなど諸般の事情で、たとえば初七日の法要のあと霊園の納骨堂に仮納骨して、墓地が手に入り墓が完成するのをまって、一周忌とか三回忌に埋骨するケースも少なくありません。
なかには、墓地難などから、永代納骨といって、墓はつくらず、納骨堂に納めて永代供養してもらうというケースも多くみられます。
スポンサード リンク

納骨・埋骨まで

火葬してから納骨または埋骨するまでの間は、自宅で朝晩供養します。
仏壇の前とか床の間などに小案〈小机〉を用意し、白い布をかけ、そこに遺骨と位牌を安置します。線香、蝋燭を立て、お菓子やくだものなどを供えて拝みます。

埋骨式

墓地に近親者が集まって儀式が始まります。僧侶の読経・焼香のあと、近親者の手で土をかけて遺骨を墓に納めます。
墓石ができるまでは仮(かり)の木の墓標を建てて、墨で表には戒名を、裏には生前の俗名と生年月日、亡年月日を記します。先祖の墓に合祀するのなら、墓標はいりません。これまでの墓石に、新しく戒名〈俗名〉、生年月日、亡年月日を彫り加えます。
埋骨式のために水、花、線香、蝋燭などが必要ですが、都会の墓地では、その中にある花屋さんですべて用が足ります。
式のあとは、参列者の労をねぎらうために、墓地内で茶菓をもてなすとか、自宅や料亭で料理をもてなしたりします。
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科