冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他

斂葬 火葬から葬儀終了まで

火葬

棺を火葬場の竈(かまど)のなかに安置し、その前に設けられた小卓の上に持参した位牌(いはい)・花などを飾って斂葬(れんそう)〈斂はおさめるの意〉の儀式にはいります。
読経の後、つぎつぎと焼香、合掌、拝礼をすませてから、火葬の終わるまでの間、故人の思い出話などをしながら、控え室で休憩します。
だいたい一時間から一時間半くらいかかりますので、その間、茶菓を接待するのが普通です。

骨上げ

火葬の終わった合図で骨を拾います。
慣習によりますと、骨は二人ではさんで足からだんだん頭のほうへと拾い上げて骨壷に入れていきます。喉仏(のどぼとけ)だけは、故人ともっとも血のつながりの濃い人が拾うことになっています。あとは係の人がきれいに始末し、骨壷を白木の箱に入れ、白い布に包んで渡してくれます。
遺骨を分骨する場合は、あらかじめたのんでおけば分けて入れてくれます。
終わると火葬許可証は返してくれます。これは、埋葬許可証として後日必要です。
スポンサード リンク

骨迎え

喪主の胸に抱かれて帰宅した遺骨は、花〈葬儀に使ったものでよい〉を飾った後飾りの小さな祭壇〈すでに葬儀のときの祭壇は片づけられている〉に安置します。祭壇には遺骨とともに遺影・位牌を飾り、鈴、線香立て、燭台を置き供物を供えます。
蝋燭(ろうそく)を灯し、線香をあげ、僧侶にお経をあげてもらいます。
この祭壇は、忌明けまでそのままにして、毎日拝礼します。
なお、最近では、遠隔地からの近親者のことも考え、この骨迎えの儀式に続いて初七日の法要も行ってしまう例がふえています。

精進落とし

骨迎えの儀式の終わったあと、「精進落とし」を行います。
「精進落とし」は本来、不幸があると葬儀が終わるまで肉や魚など生臭いものを断った習慣があったため、葬儀が終わると日常の食事に戻る、という意味で振るまったもののようですが、今日では、本来の意味はなくなり、僧侶や世話人をはじめ、葬儀にあたってお世話になった方に感謝し、その労をねぎらうために行われています。「精進落とし」の始まる前に、喪主またはそれにかわる人が、感謝のことばとともに、故人を偲びながら、ゆっくり召し上がってほしい旨あいさつします。
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科