冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他

葬儀 引き続き告別式から出棺まで

葬儀の席次

葬儀の日程

葬儀は本来死者をとむらう儀式であり、告別式は死者との別れの儀式ですが、一般にはこれを同時に行うことが多くなりました。

寺院葬・斎場葬の場合

正式の本葬儀では、まず自宅で棺前の式〈仮葬儀〉を行い、行列を整えて出棺、寺か斎場で本葬儀と告別式、近親者だけが火葬場へ。骨上げして持ち帰り、後日埋葬あるいは納骨という順序になります。そこで一般の会葬者は、告別式として葬儀の途中から焼香することになります。

自宅葬の場合

自宅葬では棺前の式がそのまま本葬儀となり、続いて告別式、出棺、火葬、骨上げ、帰宅、埋葬〈納骨〉となります。

密葬の場合

葬儀が事情で何日かおくれるような場合は、通夜のあと近親者だけで遺体への告別をして火葬〈密葬〉し、改めて寺か斎場で葬儀と告別式を行います。
スポンサード リンク

棺前の式 = 一般の本葬儀

自宅で葬儀を行う場合は、棺前の式が本葬儀となります。式の次第は次のとおりです。
会葬者が席につき、僧侶が仏前に正座して儀式が始まります。
献灯、献香の後、読経、続いて導師から引導が渡されます。これは死者を仏界へ導くために行うものですが、宗派によってはしません。
弔辞の朗読、弔電の披露の後、二度目の読経と同時に焼香が行われます。あらかじめ定めておいた順序にしたがって、つぎつぎと立って霊前に進み、焼香、合掌、拝礼をして席に戻ります。参列者が多く全員が焼香できそうにない場合、「回し焼香」を行うこともあります。これはお盆に香炉と香をのせて参列者の間を順に回して焼香する方法です。
終わったところで、喪主と葬儀委員長が立って、委員長〈または喪主〉から会葬者に対してお礼のことばをのべ、これで棺前の式を終わります。

告別式

続いて告別式にはいります。喪主をはじめ親族関係者は、会葬者に答礼できる位置に席を移して並びます。
告別式では、会葬者が靴を脱がずに縁先などで焼香礼拝できるように考えて、式場の配置を工夫すると混雑もさけられます。

出棺

告別式終了後、遺族、近親、縁者は出棺の読経のまえに最後のお別れをし、ふたをして、頭のほうから順々に一打ちずつ打ってとめますが、最近は釘を打つかわりにお花を各自一輪ずつ顔の回りへ入れてすますことが多いようです。
霊柩車の到着を待って、親しい人たちの手で棺を足のほうから車に納めます。出棺にあたって、喪主または遺族代表が見送りの会葬者に対してあいさつをします。
会葬者が合掌して見送るなかを車を連ねて火葬場へ向かいます。
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科