冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他

通夜 故人を偲び遺体を見守る

通夜の儀式

通夜とはいっても、昔のように文字どおりに夜を通して、ということは少なくなりました。半通夜といって、夕刻から夜の九時〜十時頃には終えるのが近頃の傾向です。肉親のほか、生前故人と親しかった親せき、友人たちが集まって、静かに故人を偲び、遺体を見守るのがお通夜で、きまった形式があるわけではありません。
僧侶を招いて読経してもらい、読経の間に順次出席者は故人に別れを告げて焼香します。
スポンサード リンク

通夜ぶるまい

昔から通夜では、酒食や茶菓を出すのがしきたりになっています。
通夜ぶるまいに入る前に喪主あるいはそれにかわる人が、忙しい中を参会してくれた感謝と、遺族としての決意、そして、ささやかな酒肴を用意したので故人を偲びながら召し上がってほしい旨のあいさつをします。
九時か十時頃には帰っていただいて、あとは、ごく内輪の人たちだけで、あかりや香を絶やさないように遺体を守ります。翌日からいろいろとたいへんです。あまり疲れてしまっては困ります。交代で休むようにしましょう。
通夜を二晩する場合は、一晩めは、親類縁者、翌晩は一般、というように分ければいいでしょう。
真夏のため遺体のいたみが早いとか、その他の事情によっては、近親者だけで密葬(みっそう)を行い、お骨にしてから通夜、告別式を行うこともあります。

僧侶の応対

着替えのために別室を用意します。
読経の前に茶菓をもてなします。
通夜の儀式が終わったら、着替えをまって通夜ぶるまいの席に案内します。都合でもてなしをしないときは、「お車代」のほかに「御膳料」を包みます。
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科