冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他

納棺美しく装って死出の旅に

納棺の時期

葬儀の前日、通夜のまえに行うのが普通ですが、地方によっては、遺体のまま通夜をして、翌朝納棺、葬儀にはいるというところも多いようです。また、遺体がいたむから、ということで、枕経のあと、続いて納棺という例もあります。
スポンサード リンク

死出の旅じたく

湯かん 死体を清めるために湯かんをする場合には、盥(たらい)に、まず水を入れ、適温になるまで湯を注いでから死体を洗いきよめます。
死化粧 死者の顔を美しく装ってあげましょう。
男性ならヒゲをそり、女性なら薄化粧をしてあげます。ただし所によっては死化粧を忌み嫌うところもありますから気をつけます。
死装束 昔は、死出の旅にと、経帷子(きょうかとびら)を着せ、手甲・きやはん、白たび、わらじ、頭陀袋(ずだぶくろ)、数珠(じゅず)、紙の六文銭〈三途(さんず)の川の渡し賃〉を添えました。この経帷子は、葬儀社でも用意してくれます。今では上から掛けたほうが見た目にきれいなので、この方法が多いようです。
そのほか改まって紋服を着せたり、故人の好きだったきものを着せることもあります。この場合のきものは生前とは逆に左前に着せるのがならわしです。

納棺

合掌した手には数珠を掛け、遺体の回りを菊などの花で埋めます。死出の旅のお伴に、故人が生前愛用していた品なども、棺の中に入れますが、釘はまだ打ちませんので、出棺の時までに用意してもかまいません。
棺は通夜の祭壇のそばに安置し、金襴またけ白布を掛けます。上に守り刀を置くこともあります。
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科