冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他

仏式では

「末期の水」をとったのち、息が絶えた遺体は、どう扱えばよいのでしょうか。

遺体を清める

まず、遺体をアルコールで全身拭き清めます。
これがすんだら、体から汚れたものが出ないように鼻、耳、口、肛門に脱脂綿を詰めます。ここまでは医者または看護姉さんによって行れることが多いようですが、せめて家族の人の手で顔や手足をふいてあげたいものです。まぶたをさすって、静かに目を閉じさせ、死者の顔を少しでも、おだやかな表情にしてあげましょう。
そして、さっぱりしたきものに着替えさせます。
スポンサード リンク

枕直し

ふとんやシーツを新しいものに取り替えて、遺体は北枕に直します。顔に白い布をかけ、手は胸のところで合掌させます。
これは「枕直し」(まくらなおし)といって、釈迦(しゃか)入滅のときの、頭北面西の姿です。魔よけの守り刀の意味で、剃刀(かみそり)か小刀を、刃先を顔の反対側に向けるようにして胸のあたりに置きます。
枕もとに逆さ屏風(びょうぶ)を立てるのがならわしですが、なければ無理する必要はありません。
枕直し

枕飾り

枕もとには小机を置いて白い布を掛け、枕飾りをします。燭台(しょくだい)に蝋燭(ろうそく)、鈴、水と仏前飯〈日ごろ使っていた茶碗にご飯を丸く盛り、箸を垂直に立てる〉、そして枕だんごを供えます。
線香と蝋燭は、納棺まで絶やさずにともし続けます。

枕経

このあと、できれば僧侶を呼んでお経をあげてもらいます。これは故人を仏の御座に送る大事なお経で枕経(まくらぎょう)といいます。遺族は僧侶の後ろに控えて故人の冥福を祈ります。ふつう枕経のあとで戒名〈法名、法号〉をもらいます。
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科