冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他

葬儀社の選び方・頼み方

葬儀社はどこまでやってくれるか

昔と違って今の葬儀社は、単に祭壇をつくったり棺や葬儀用品を用意してくれるだけではありません。死亡届、火葬埋葬許可の手続きから死亡通知状や会葬礼状の印刷や発送、新聞の死亡広告の手配、お寺や斎場の紹介、霊柩車やハイヤー、マイクロバスの手配、生花や花輪の手配、通夜ぶるまいの料理の手配、さらに遺影の引き伸し、貸衣裳の喪服や、貸座布団などの手配、さらに葬儀のしきたりやマナーのコンサルタントの役割までやってくれます。
スポンサード リンク

葬儀社の選び方

できるだけ豊かな設備や機動力、経験をもつ信用のある業者を依頼することです。とはいっても葬儀社については、あまり知らないのが実情です。
経験のある人に聞くとか、病院や勤務先の総務課などにたずねるのも一つの方法です。きっと出入りの業者があるはずです。また、市区町村役場の民生課などでも相談にのってくれます経済的な問題もあります。市区町村役場が窓口になってやっている市民葬儀や区民葬儀を利用すれば安い予算でできます。
月々少額の掛金をしておいて、いざ不幸が起きたとき利用する冠婚葬祭互助会もあります。
互助会にもいろいろ種類があるので、十分に確かめて利用することです。

葬儀社の頼み方

提示された価格だけではわかりません。それに含まれるサービスの内容が問題です。
業者に頼む場合は、ただ漫然と話し合うのでなく、必要経費についても、物品の数量や等級、価格、サービスの範囲など、くわしい見積もり書を提出してもらいます。見積もり書を提出しないような葬儀社は、ちょっと心配です。なお、葬儀社のセットは、あくまで便宜上組まれたものですから、その中味を入れ代えたり削ったりすることは自由です。十分話し合って納得したうえで正式に依頼します。
とかく気持ちも転倒しているときですが、大事なことです。始めが肝心です。見積もり書に基づいて、はっきり契約を交わしてからまかせるようにします。
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科