冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他

葬儀の準備

死後まずしなければならないこと

悲しみに負けてはいられません。これからしなければならないことが山積しています。

近親者に通知する

とにかく近親者に通知して集まってもらいます。近くで親せき同様親しい間柄の人にも至急連絡します。電話で、電報で、あるいは人を走らせます。

喪主をきめる

喪主は法律上の相続人がなるのが常識で、妻がなるのが一般的ですが、なかには店や事業の後継者として、そのお披露目の意味もあって長男を喪主に立てるという例もみられます。妻子が亡くなった場合には夫がなります。
喪主は親族の代表者ということになります。
喪主は、葬儀が始まれば故人と同様葬儀を受ける立場になり、発起人ではあっても葬儀の執行人ではありません。

世話役をきめる

たとえ簡単な葬儀であっても、これはなかなか大変なことです。悲しみに打ちひしがれている遺族に、何から何までは、とてもできるものではありません。だれか経験のある近所の方、親類や職場の方などで、ごく親しい方にお願いして、世話役になっていただきます。さらに世話役のもとでいろいろと動いてくださる方も何人かお願いします。
大きな葬儀ならば、葬儀委員長〈世話役〉のほかに、進行、会計、接待、文書、受付、炊事など、事務分担をきめます。町内会とか団地会といった地域的な集まりで、積極的にやってくださるところでは、おまかせしてお願いしておけばいいのですが、そうでない場合は、世話役〈委員長〉と喪主が相談して、親せきや知人に役割を分担していただきます。

葬儀の方針をきめる

葬儀には、仏式、神式、キリスト教式〈プロテスタント、カトリック〉のほか、宗教に属さない方式があります。
今では、核家族で、家庭に仏壇や神棚のある家は少なく、自分の家がどの寺院、どの神社、どの教会に属しているのか知らない人も多いでしょう。
同じ仏教でも宗派によって方式が違います。故人の遺志ということもありましょう。
どんな方式で葬儀を行うのか、そのほか今後の方針もきめなければなりません。

お寺や神社・教会に依頼する

葬儀について方針がきまったら、できるだけ早くお寺や神社と打ち合わせて依頼します。日どりや時間などを、お寺や神社の都合も聞いて正式に決定します。
諸般の事情を考慮した上で、僧侶や神職にどこまでお願いするのか、火葬場へ同行をお願いするのか、また葬儀に出席していただく人数などを確認し、十分な打ち合わせをしておきます。

葬儀の日程をきめる

近ごろでは、死亡した日に納棺と通夜を、そして翌日には葬儀・火葬というスピード葬が多くなっているそうですが、死体のいたみやすい時期は別として、故人と別れを惜しみ、また遠方からの会葬者の便宜も考えれば、死亡の翌日に通夜、その翌日に葬儀・火葬というのが一般的です。
迷信とはいうものの、できれば「友引」の日はさけたほうがいいでしょう。霊柩車や火葬場のつごうがありますから、葬儀社にも連絡をしてこの日取りをきめます。

葬儀の場所をきめる

家の広さや地理的条件、会葬者の人数など、いろいろの条件を考慮したうえで、葬儀の場所をきめます。
団地などでは、その集会場を借りるということもできますが、狭いアパートとか、一室の間借りというような場合は、寺や教会、斎場などを借りなければならないでしょう。葬儀社とも相談します。

現金を用意する

葬儀の費用は別としても、意外に細かい出費がかさむものです。病院の支払いもすませなければなりません。細かい出納については、世話役の方や信頼できる会計責任者にまかせるといいでしょう。

葬儀社に依頼する

読経の依頼、祭壇式場の設置、霊柩車や車の手配、式場の紹介からテント、椅子、座ぶとんなどの借り入れ、通夜などの料理、遺族の喪服の借り入れ、死亡手続きや故人の肖像写真の作成、通知状やあいさつ状の印刷・発送から、花や供物の調整など、葬儀社へ頼めば、相談にのってくれますし、希望の方式で予算に合わせて、すべてを代行してくれます。たしかな業者を選び、できるだけ早く依頼します。

1.費用内訳
1
葬儀一式費用
通夜、葬儀の祭壇設営、棺、霊柩車、収骨容器、会葬礼状、火葬料、ハイヤー、マイクロバス等。
2
宗教関係者への支払い
仏式の場合は、僧侶へのお布施、ご膳料等。
神式の場合は、神宮へのお礼、ご神饌料等。
キリスト教式は、教会へのお礼、献金等。
3
接待飲食費
通夜ぶるまい、精進落としの料理、酒類。
4
香典返し費用
忌明けの香典返し費用。
5
式場の使用料
自宅以外で、通夜、葬儀を行った場合の式場使用料。
6
雑費
運転手や、火葬場の係り員への心づけ、親戚の宿泊費、飲食費等。

2.葬儀一式の全国平均額
葬儀一式の費用 130.9万円
寺院の費用 49.8万円
接待飲食費 45.4万円
合計 228.7万円
スポンサード リンク

死亡通知を出す

故人の住所録、電話控簿、年賀状などによって死亡通知を発送しなければなりません。それには、故人の職場の人や友人の協力も得なければならないでしょう。
死亡のあいさつとともに生前の厚誼に感謝し、告別式の日時などを記して喪主の名で出します。
この種のあいさつ状では、時候のあいさつなどはすべて省略します。普通はねずみ枠のはがきを使いますが、封書にするとていねいです。ただし、あまり形式にとらわれて式の日時に間に合わないと困りますから、電話か同文電報を利用したり、それぞれのグループの世話役に一任するのも一つの方法です。

新聞に死亡広告を申しこむ

故人が、名も知られ、交際の広い方の場合は、新聞に死亡広告を出すことも必要です。直接新聞社や広告代理店に申しこんでもいいし、葬儀社に頼めば手配もしてもらえます。
内容は死亡広告と同じ。死亡の通知とともに葬儀・告別式の日時や方式を記します。当然ですが、どんなに遅くても葬儀当日の朝刊までに掲載されなければ意味がありません。

死亡に関する届出をする

死亡者が出たら、まず死亡届をします。法律では死後七日以内にすればいいことになっていますが、実際には、この届けをしないと火〈埋〉葬許可証がもらえず、これがないと葬儀をしても火葬ができないということになるので、どうしてもすぐに手続きをしなければなりません。
本籍地、現住所、死亡場所のいずれかの市区町村役場に死亡届と医師の死亡診断書を提出して、火〈埋〉葬許可証の交付を受けます。
火葬が終わると火葬許可証を返してくれますが、遺骨を埋める場合や納骨する場合には、これが埋葬許可証として改めて必要になるので、紛失しないように、大事に保管しなければなりません。
この手続きも、葬儀社が代行してくれますが、間違いのないように、確認することが大事です。なお、事故死、自殺、原因不明の変死の場合は、医師の診断書だけでは死亡届は出せません。まず医師から警察へ連絡しますが、警察から検屍官が来て、事故死か自殺かなどを調べ、疑わしい場合は死体は監察医務院に送られ、ここで正式な検屍があって、死体検査を受けて、はじめて死亡届が出せるのです。ここでも、変死の疑いが出ると、解剖ということになりますから、すぐに葬儀というわけにはいかなくなります。

祭壇を飾りつける

祭壇には三段、四段…七段とあり、値段にも大きな開きがあります。部屋の大きさ、予算に合わせて、相応なものを飾るようにします。すべて葬儀社が、はからってくれます。祭壇に飾る故人の写真を用意し、黒の額縁に入れ、黒いリボンをかけます。
生花、花輪など、ふつうは関係の方から届けられたものを並べますが、生花など、故人の好きだった花を入れて遺族の手でも飾ってあげたいものです。
供え物も、心から遺族の手で供えましょう。

納棺の準備をする

死出の装束として経帷子(きょうかたびら)を用意するのなら、近親者が集まって、できるだけ多くの人で二針でも三針でも縫います〈縫い糸の終わりは止めず、返し針もしません〉。葬儀社に頼んでも用意してくれます。
このほか、故人の愛用したもので、死出の旅に添えるものがあれば用意しましょう。

家の中を整える

遺体を安置した部屋は、壁かけや額など、すべての装飾品を取りはずし、はずせないものがあったら、白い紙を張ってかくします。

忌中の札を下げる

すだれを裏返しにして、これに「忌中」と墨で書いた半紙を張りつけ、玄関に下げます。近ごろの住宅で、すだれの下げにくいところでは、扉に紙を張ってもかまいません。
葬儀の日時や出棺の日時も明記しておきます。

焼香の順番をきめる

その場でまごつかないように、あらかじめ焼香する順番をきめて、席順を確認しておきましょう。これは、だれがみても不自然でないように、できるだけ客観的にきめるのが望ましいのです。

弔問を受ける

そうしている間にも、聞き伝えて弔問に来てくださる方もあります。心身ともに動転しているときです。特別に接待する必要はありません。お茶ぐらい出して弔問に対するお礼をのべます。お手伝いを申し出てくがさる方には、遠慮なくお願いすればよいでしょう。もしその必要がないのなら、よくお礼を言って丁重にお断りします。

通夜、葬儀の服装を調える

葬儀のための服装を用意しておきます。遺族ならば正式喪服、親類・友人などなら略式喪服でいいでしょう。急のことで、どうしても間に合わないときは、至急貸衣裳を借りなければなりません。これも葬儀社で心配してくれます。

事務処理の態勢を整える

電話による問い合わせが非常に多いので、電話機のそばに病名・年齢・死亡時間・式の予定などを書いておくと便利です。また、とりあえずの弔問や通夜、告別式と重複して来てくがさる方がありますが、後日の記録として、そのつど名刺をいただくなり、名刺のない方には無地の名刺判の紙を用意しておいて記入していただき、月日を入れておくと便利です。
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科