冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他

カトリックの儀式 追悼ミサ・万霊節

追悼ミサはいつ行うのか

故人を追悼するミサは、亡くなった日から数えて、三日目、七日目、三十日目に行われます。追悼ミサは教会で行い、近親者のほか、故人ととくに親しかった方々を招きます。
さらに毎年の祥月命日に、死者記念のミサを行います。この死者記念のミサは、一年目をとくに盛大に行うほか、それ以後は、特別な決まりはありません。
そこで、十年目、二十年目などの区切りのよい年を選んで、自宅なり、教会なりで近親者を中心に故人の追悼ミサを行っていることが多いようです。
なお、最近では、三日目、七日目の追悼ミサを省略することもあります。

追悼ミサの行い方

追悼ミサは教会で行うのがふつうです。式次第は、だいたい葬儀のときのミサと同じです。
ミサが終わったあとは、教会の別室か自宅で茶話会などを催して参会者をもてなし、故人を追悼します。
なお、教会への謝礼は、教会への寄付の意味を持つものですから、金額の基準はありません。各人の自由です。謝社は「ミサ謝社」と表書きをして包みます。なお、神父個人に対しては、別に「お礼」とか「お車代」として包みます。
スポンサード リンク

追悼ミサに招かれたら

服装は、遺族の場合は、故人が亡くなって間もないときに行われる追悼ミサのときには、正式喪服を着用します。しかし、三年目頃からは、地味な平服にしていきます。
招かれた場合は、地味な平服でも結構です。喪章はいりません。
また供物は花だけで、献花は、仏式の焼香や神式の玉串奉奠にあたります。供物(くもつ)については、キリスト教では現金を包む風習はありませんが、日本古来の習わしが混入したということでしょうか、「お花料」として贈ることが通例となっています。表書きは「お花料」あるいは「御霊前」とし、市販の不祝儀袋〈蓮の花の入ったものは不適当〉を使ってもかまいません。

毎年十一月二日には万霊節

カトリックでは、毎年十一月二日に万霊節〈オールソールズデイ〉が行われています。
この日は、仏教でいう彼岸にあたるような日で、前日か二日前ぐらいに、墓地の掃除をし、当日には、喪服を着て、花を持って墓参します。その後で、教会で行われる死者たちのためのミサに参列します。
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科