冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他

祥月命日の霊祭

祥月命日と式年祭

式年祭は故人の祥月命日に行う儀式で、一年祭、三年祭、五年祭、十年祭、二十年祭、三十年祭、四十年祭、五十年祭、百年祭と続きます。百年祭のあとは、百年目ごとに行います。
一般的には十年祭までを盛大に行っているようです。
スポンサード リンク

式年祭の行い方

式はいずれも、神職の献饌・拝礼・祭詞・玉串奉奠、に続いて、参会者の玉串奉奠を行い、神職が饌をささげ、拝礼して終わります。式が終わったら酒と食事を出してもてなします。
また、一年祭は仏式の一周忌にあたりますので、近親者や、故人ととくに親しかった友人や知人を招き盛大に行います。
その後の式年祭は、しだいに参会者をしぼり、近親者だけで行うのがおおかたのようです。ただし、十年祭だけは、一年祭と同様の参会者を招いて、盛大に行う例も多いようです。
なお、これらの式年祭は、自宅の祖霊者の前で行います。玉串は、神社に依頼するか、葬儀社に頼めば、届けてくれます。以上の祭儀の他、毎月の命日には忌日祭、一日、十五日には月次祭(つきなみさい)を営んだりします。
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科