冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他

忌明けまでの霊祭

神式では、仏式の法要にあたるものを霊祭と呼んでいます。霊祭には次のようなものがあります。

翌日祭と十日目ごとの祭儀

翌日祭

まず、翌日祭は、葬儀の翌日に、自宅で霊璽(れいじ)に、あるいは墓地でお墓に拝礼して、葬儀が、とどこおりなく終わったことを報告する祭儀です。この翌日祭は、現在ではあまり行われていないようです。行ったとしても、ほんの身内だけで行う簡単な祭儀となっています。

十日目ごとの祭儀

続いて亡くなってから数えて十日目ごとの祭儀があります。十日祭、二十日祭、三十日祭、四十日祭、五十日祭と五回行います。この十日ごとの祭祀は、毎日の奉仕の日供を十日ごとにいちだんと丁重に扱うという意味です。この後は、百日祭、一年祭となります。

十日祭の行い方

墓前で行います。埋葬前や墓が未建立でしたら、自宅の霊璽、遺影、遺骨をまつる祭壇の前で行います。近親者、友人、知人、葬儀のとき世話になった方々を招き、神職を招いて行います。この祭儀は、仏式でいう初七日にあたるものと考えていいでしょう。
祭祀の内容は、神職献饌、祭詞奏上などを行い、遺族、近親者など主だった人々が玉串を奉奠します。その後で、食事でもてなし、故人を偲びます。
スポンサード リンク

五十日祭と忌明け〈清祓の儀〉

五十日祭

五十日祭は、仏式の四十九日にあたり、これをもって忌明けとなりますので大変重視されます。墓前か斎場あるいは自宅で丁重に営みます。
十日祭に参列していただいた方々を招きます。式後、食事を出して、参会者をもてなします。

清祓の儀

この五十日祭の翌日には清祓の儀を行い、忌明けの祓いと清めをし、神棚の白紙をとり、封じを解きます。これで忌が明け、平常の状態に戻ったことになります。

忌明けにすること

五十日祭が終わったら、葬儀・告別式に参列していただいた方々に忌明けの挨拶をします。このとき、玉串料のお返しを贈ります。
なお、忌明けとはいっても、喪主・遺族は一年間は喪に服するのが通例で、祝い事などの出席その他をつつしむようにします。

合祀祭の儀式

五十日祭がすんで、次の百日祭までの間に、適当な日を選んで合祀祭を行います。合祀祭は、仮霊台〈祭壇〉にまつってあった故人の霊璽を祖霊舎〈代々の吉をまつる所〉に移して、先祖の吉と一緒にまつる儀式です。
式が終わったら、仮霊舎をとりはらい、以後は、祖霊舎を拝礼することになります。

参列者のもてなし

合祀祭での参列者へのもてなし方はこれまでに述べた祭儀のときと同様です。なお、最近は、五十日祭の翌日に清祓の儀合祀祭の両方をあわせて行うことが多くなりました。
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科