冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他

お彼岸と供養

春の彼岸と秋の彼岸

「暑さ寒さも彼岸まで」といわれるように、お彼岸は仏教の行事でありながら、日本人特有の微妙な季節感や日本的風土とあいまって、すっかり日本人の生活の中に定着してしまっています。また国民の祝日ということもあって、いまでは国民の年中行事となっております。
彼岸は、本来、彼岸会(ひがんえ)といいます。春の彼岸は三月二十一日前後の一週間、秋の彼岸は九月二十三日前後の一週間です。
この春と秋の彼岸には、彼岸往生〈仏教では迷いの多いこの世を此岸(しがん)といい、悟りを開いたあの世を彼岸という〉を祈念して、浄土を想い、仏を慕う彼岸会がお寺で営まれます。
スポンサード リンク

お彼岸のしきたり

お墓参り

彼岸には、全国各地でさまざまな行事が行われますが、一般には墓参が通例となっています。彼岸の入りまでに、仏壇を清掃し、彼岸団子や、ぼたもち〈春〉やおはぎ〈秋〉などの供物を供えます。
そして家族揃ってお墓参りをします。墓参は中日か、その前後がよいとされていますが、いまでは、春分の日、秋分の日が休日ですから、その日に家族揃って、ピクニックを兼ねるつもりで気軽に墓参するのがいいでしょう。
菩提寺に墓地があれば彼岸法要にも参会し、お寺にもお参りしたいものです。

新仏の供養

新仏のある家では、お彼岸供養を丁重に行います。彼岸の入りに仏壇を清掃し、供物を供え、遺族と近親者を招いて、そして、できるだけ僧侶を招いて、読経してもらいます。このとき、憎侶への謝礼は「お布施」です。
お墓が近ければその日に全員で墓参し、遠ければ、彼岸中にそれぞれが墓参するようにします。墓参のあと、参会者で食事をします。
また、親族や友人・知人の家に新仏があれば訪問して、仏前に花を手向け、回向します。むかしから彼岸のときに仏事を行うと、仏の功徳があるといわれております。
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科