冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他

お盆の法要

お盆の行事

迎え火と送り火

孟蘭盆会(うらぼんえ)のことを、略してお盆といいます。毎年、七月十五日を中心に、十三日を迎え盆、十六日を送り盆といい、十三日から十六日までの四日聞かお盆の期間となります。
地方によっては旧暦の七月十五日や、月遅れの八月十五日を中心にお盆とするところもあります。
お盆には、先祖や亡くなった人の精霊が帰ってくるといわれ、十三日の夜、玄関や軒下に提灯をつるして、門口でオガラを燃やして迎え火をたきます。これを盆迎えといっています。
〈浄上真宗ではこの慣習はない〉。この迎え火の明かりによって霊は家に入ってくるのです。
十六日の夜になると、精霊は家を去り、帰っていきます。門口でオガラを燃やして、送り火をたいて、精霊を送り出します。

精霊棚とお盆の供物

お盆の準備としては、お墓の掃除と仏壇の外に精霊棚をつくる〈浄上真宗では精霊棚をつくる慣習はない〉ことの二つがあります。ただ最近では、簡略化されて精霊棚を設けずに、仏壇をきれいに掃除してお飾りをするというのが多いようです。
いちおう精霊棚について述べておきます。精霊棚は、小机などに白い布〈正式には真菰莚(まこもむしろ)〉をかけ、中央に先祖の位牌と仏壇を並べます。その他にオガラをさして作った牛〈ナス〉と馬〈キュウリ〉を供えます。これは、先祖の霊は、牛や馬の背に乗ってきて、また帰っていくという言い伝えによります。
さらに、お迎えダンゴを供え、精進料理やキキョウ、オミナエシ、ハギ、山ユリ、蓮の花などの盆花で飾ります。十六日には、お送りダンゴを供えます。これは土産ダンゴともいいます。この精霊棚は、先祖や故人の霊をお迎えする場所となるわけで、仏壇は本尊をまつる場所となります。精霊棚を設けないときは、仏壇の上や前を飾りつけます。地方によっては、このとき、位牌を仏壇の前部に出して並べるところもあります。
この他、盆提灯や盆灯籠を飾ります。

棚経

十三日の夜、僧侶を招いて、精霊棚の前でお経を読んでもらうのが正式です。お盆の間にあげてもらうお経を棚経(たなぎょう)といいます。
しかし、一般的には、お盆の月はじめからお盆の期間中に僧侶を招いて棚経をあげてもらうようになっています〈浄土真宗では棚経の慣習はない〉。
棚経をあげてもらった場合は「お布施」をさしあげます。遠くから来ていただいたときには、別に「お車代」もさしあげます。
僧侶を招かないときには、家族、親族などが集まって、先祖の霊にお参りし、その後、食事をします。

お盆と墓参り

お盆の入りの十三日には、家族揃ってお墓参りにいきます。お墓をきれいに掃除して、供物をそなえ、供養します。
スポンサード リンク

新盆の迎え方

新盆の供養

四十九日の忌明け後に初めて迎えるお盆のことを新盆(にいぼん)といい、遺族は真心をこめて、丁重に供養をします。四十九日の忌明け前にお盆がやってきた場合には、新盆とはいわず次の年に繰り越します。しかし、その場合でもお墓参りをし、仏壇を拝んで供養することを忘れてはなりません。
新盆のときは、親族・近親者、故人の友人・知人を招き、僧侶を迎えて供養します。読経のあとは、仏への供養のため、一同で食事をします。

新盆提灯

新盆のときは、白張りの新盆提灯と、盆提灯を飾ります。白張りの提灯は近親者から贈られることが多いようです。盆提灯は親族や友人・知人が贈ります。
新盆提灯は、お盆が終わった後、お寺に納めたり、川に流したりするところもあります。しかし最近では川へ流すと、川や海が汚れるということでやめているところが多いようです。
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科