冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他

墓参の作法

墓参りは、命日・法要・お盆・お彼岸などいろんな機会に行きます。しかし、こういうときだけでなく、いつ行ってもかまわないのです。さまざまな機会をつくって行く習慣を、つけたいものです。

墓地の清掃

お墓の清掃には次のような用具が必要です。ひととおり持参するのがよいでしょう。霊園などでは、周辺の墓石屋や花屋、管理事務所などで貸してくれるところもあります。
ほうき、ちりとり、たわし、雑巾、水桶、ひしゃく、ブラシ、花バサミ、小刀など。
墓地についたら、まず雑草を抜き、落ち葉やゴミなどをはき集めて燃やしてしまいます。古くなった塔婆があれば燃やしてもかまいません。火をたくことを禁じられている墓地なら、棄却箱などへ捨ててしまいます。
次に墓石を洗います。水をかけて、雑巾やたわしなどで汚れをおとします。墓石の文字がひどく汚れているときは、たわしやブラシでこすっておとします。
花立てや水ばちも、中まできれいに洗い清めます。香炉に灰が残っていたら、それもきれいにとり除きます。
スポンサード リンク

お供えとお参り

清掃が終わったら、水ばちに水を入れ、花立てに花〈またはシキミ〉をさします。持参の菓子や果物などの供物をそなえ、線香をあげます。線香は、線につけた火でつけ、手であおいで消します。線香はたばになっていますが、たばのままそなえるのはあまり好ましいものではありません。そのあと墓石に水をかけます。
以上で準備がととのいました。あとは、合掌して、お参りをします。

あとかたづけ

お参りが終わったら、線香の火元に十分注意し、お供えした菓子や果物などは必ず持ち帰ります。そのままにしておくと、腐ったり、鳥や動物などがやってきて食いちらかしたりしてきたなくなるからです。これはぜひ守りたいマナーです。持ち帰ったものは食べてもかまいません。
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科