冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他

香典〈奠〉のマナー

香典の意味

香典〈奠〉は本来、霊前に香華〈香・花〉を手向けるというもので、それがいつの頃からか、実質的に現金を包んで贈るようになり、今日ではそれが一般的な慣習になっています。
このように、現金を包んで贈るというのは外国にはない習慣で日本だけのものですが、今日ではキリスト教式葬儀でも、御花料、ミサ料という形で行われています。神式では香は使わないので、玉串料、御榊料という名目で贈ります。

香典の包み方

紙幣を半紙で包み、これをさらに奉書紙で包んで黒白あるいは銀色の水引をかけるのが正式です。この場合水引きは濃い色〈黒〉を右に、結び目はこま結びの結び切り〈これっきりで二度とないように〉にします。今日では、いろいろな種類の香典包みが市販されていますが、金額の少ない場合は、印刷された略式の不祝儀袋を使ったほうがふさわしいでしょう。

香典の表書き

香典包みの表面には、仏式ならば「御仏前」「御香典〈奠〉」「御香料」、神式なら「御榊料」「玉串料」「神饌料」、キリスト教式なら「御花料」「ミサ料」〈旧教のみ〉」などと薄墨で書きますが、「御霊前」ならば、すべての場合に共通して使えて無難です。
贈り先の名は書かないのが普通ですが、たとえば合同慰霊祭のように複数の場合は、間違いがないように左肩に「OO様」のように書きます。
下段中央には贈る人の名を書きます。姓だけ書くのは問違いのもとです。必ず姓名をフルネームで書くこと。さらに住所まで書けば万全。仕事関係なら会社名と所属部署名を記します。連名ならば上位の人から左へ順に並べて書きますが、もし左肩に故人の名が書かれている場合は、左側が上位の席となるので逆に下位の人から書くようになります。
香典包みの裏に金額を記すのは常識ですが、中包みにも金額と住所氏名を記しておくと、整理上便利です。
スポンサード リンク

香典の額は

香典の額は頭を悩ますところです。故人およびその家族とのおつき合いの程度、自分の社会的地位により、また地域の慣習によってきめるのが一般的のようです。
よく月収の一〜三パーセント位か標準ともいわれ、目上に薄く目下に厚くという考え方でいいでしょう。一人だけ少なくても、また一人突出するのもよくありません。先輩に聞くなり、同じ立場の人と相談するなりして歩調を合わせるのが無難です。

香典の目安額
贈り先
20才代
30才代
40才代
50才以上
勤務先の上司
5千円
5千円
1万円
1万円
勤務先の同僚
5千円
5千円
5千円
5千円
勤務先の部下
3千円
5千円
5千円
1万円
勤務先社員の家族
5千円
5千円
5千円
5千円
取引先関係
3千円
5千円
1万円
1万円
祖父母
1万円
1万円
1万円
1万円
両親
1万円
1万円
1万円
1万円
兄弟
5千円
5千円
5千円
5千円
おじ・おば
1万円
1万円
1万円
1万円
その他親類
1万円
1万円
1万円
1万円
知人・友人
3千円
5千円
1万円
1万円
隣近所
3千円
3千円
3千円
3千円
知人・友人の家族
5千円
5千円
5千円
5千円

香典の出し方

通夜、告別式のいずれに出してもかまいませんが、両方に出席するなら通夜に出すのがよいでしょう。
香典包みは、むき出しにせず、特に女性の場合は地味な色の袱紗(ふくさ)か小風呂敷に包んで持参したいものです。最近は角がいたまないように台付の袱紗が出ているので利用すると便利です。
本来は直接霊前に供えるものですが、現在ではほとんどが受付に差し出すようになっています。受付でお悔みのことばをのべ、「ご霊前にお供え下さいませ」と差し出します。通夜などで受付がなく直接霊前に供える場合は、拝礼のあと霊前に向けて置きます。

郵送する場合

香典を郵便で送る場合は、お札をじかに封筒に入れるようなことをしてはいけません。不祝儀袋に入れ、金額を書き入れ、表書きをして、お悔み状とともに現金書留で送ります。
最近では、マネー・レタックスといって、弔事用の封筒または台紙に包んだ手書きのお悔みのことば〈レタックス〉といっしょに、やはり弔事の装いの電信為替をその日のうちに届けてくれるシステムもあるので利用してはどうでしょう。
香典の包み方
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科