冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他

弔辞の文例

友に捧げる

大森さん、つつしんで大森さんの霊にお別れのことばを申し上げます。
あの日、中秋の名月が、東京の空には珍しいくらい澄み輝いた夜、あなたは勿然(こつぜん)とこの世を去ってしまわれました。
大森さん、あなたと僕とは学校時代、小学校から中学、高校と、ともに学び、ともに遊んだ仲でした。あふれる程の才能とともに、おおらかで明るく、それでいながら実に細やかな神経の持ち主であったが故に、あなたとの熱い友情の思い出をもつ者は数多いに違いありません。あなたの頼もしい風貌、力強い声、無邪気な笑顔、そこに加わってくださるだけで、私たちの楽しさは百倍したものでした。
大森さん、あなたは、私たちに、なんのあいさつもなく、なぜそんなに急にはかなく逝(い)ってしまわれたのですか。私たちは、深い悲しみと底知れぬ虚しさのために茫然自失しています。
社会人となって未だ日の浅い大森さんですが、もし天寿を全うすることができたなら、どんなに輝かしい人生であったことでしょう。まことに天を恨み、惜しんでも惜しんでも借しみきれない思いでいっぱいです。
こんなことばを聞いたことがあります。
「人の一生の幸、不幸は、その長短や業績の多寡(たか)によって測られるものではない。その人の心が、他人にどれだけ影響を与えたかによって測られる」と。
この物差しによるならば、大森さんは存分に生きられた、といっていいのかもしれません。
大森さんは、人間としての喜怒哀楽、すべての感情をフルに味わうことのできた人でした。あなたの人生の軌跡は短かかったけれども、つねに張りつめ、凝縮された美しいものでした。
大森さん、あなたの心は、私たちの心の中にしっかり刻みこまれています。残された私たちは大森さんの分まで生き切らなければなりません。
大森さん、悲しいけれど私たちは、あなたの荷もいっしょに負って、これからの道を歩んでいきます。けれどもそれは少しも迷惑ではないのです。なぜなら、あなたの荷といったら、世の中の明るいこと、正しいこと、優しいことを代表するものであるからです。青春そのものであるといってもよいのかもしれません。
私たちの命あるかぎり、大森さんは、ともに私たちの心の中にいるのです。どうか私たちを見守っていてください。
大森さん、得がたい思い出をたくさん残してくださってほんとうにありがとう。どうぞ安らかに、とこしえに眠ってください。
スポンサード リンク

上司に捧げる

つつしんで横田技術部長のご霊前に捧げます。部長の訃報を耳にして、あまりに突然のことに、私たち技術部員一同、ただ茫然とするばかりでございます。
数年来、業界をあげて、技術革新・合理化の努力が払われている中で、わが社においては、部長のご指導の下に新製品の開発に成功し、さらに大きく飛躍すべく、この一年有余、総力を挙げて新工場の建設に取り組んでまいりました。そしてその竣工も間近いというこの時期、かけがいのないりーダーを突然奪われた私たちは、暗夜にともしびを失ったようなとまどいと、深い悲しみに包まれております。
私たち三十余名の技術部員にとって部長は、こと仕事に関しては、けっして妥協を許さないきびしい上司でありました。猛烈なカミナリを落されて色を失った経験を待つ部員も、二人や三人ではありません。
にもかかわらず、部員等しく部長に敬愛の念を寄せていたというのは、技術者として筋を通すべきところはあくまでも貫き通された部長のお人柄に、私たち一同深い尊敬と共感を覚えていたからにほかなりません。
こうした厳しさの反面、部長は、未熟な後輩であった私たちのために、倦きることなく、あらゆる助力を惜しまれぬ寛容な先輩でありました。
ことあるごとに部長にいただいた多くのご教訓は、これからも長く私たちの心に生き続けていくに違いありませんが、とりわけ、析にふれて繰り返された「技術バカになるな」というて一言を、私たちは忘れることができません。
ともすれば、自分の専門分野にとじこもって視野が狭くなりがちな技術者の通弊をきびしく戒められたもので、「自分の専門のことしか考えられない人間は片輪だよ」というのが部長の口癖でもありました。そして部長ご自身も、多忙な職務の合い間を縫って、幅広い読書や多彩な趣味を楽しんでいらっしゃいましたし、とくに古美術への造詣(ぞうけい)の深さには、門外漢の私もよく目を見張らされたものでした。
部長があれほど人間味豊かなものの考え方をなさっていた、そして私たちをあたたかくご指導くださったというのも、このように多趣味でいらしたことが、一つの要因になっていたのだろうと思われます。
いま勿然と部長に逝かれ、大きな支柱を失った私たちは、なすすべを知らず、行方をも見失いそうな寂寥感(せきりょうかん)にとざされております。
しかし、そんなことを言っていては、あの世の部長に叱られます。部長のご教訓をそれぞれの身に生かし、部長のお心をわが心として日々いそしむこと、これが部長のご恩に報いる唯一の道と信じて業務の達成に邁進することを、改めて部長のご霊前にお誓い申しあげます。
亡き横田部長、どうぞ安らかにご永眠ください。ここに技術部一同を代表して、つつしんで哀悼の意を捧げます。
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科