冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他

献花の作法

献花の心得

キリスト教葬儀では、告別式に献花が行われるのが常ですが、これはキリスト教本来のものではなく、仏式の焼香や神式の玉串奉奠にならった、いわば日本的な方法です。
オルガンが演奏される中、菊やカーネーションなど茎の長い白い花を一本ずつ霊前に棒げて別れを惜しみます。
形式ではありません。心をこめて花を捧げましょう。
献花のあとの黙祷は、手を軽く握ってもよいし、仏式の合掌式に合わせてもかまいません。
スポンサード リンク

献花のしかた

玉串の捧げ方に準じます。
1
係員より花をいただく。花が左、茎が右になるように渡されたら、左掌で花を受け、右手の指で上から茎をつまむようにして受け取る。
2
そのまま胸の前に保持しながら祭壇の前まで進む。
3
献花台の前で足を止め、そのまま軽く一礼する。
4
花が向こうに、根元が手前にくるように、時計回りに回しながら左手を根元まで下げたら、右手を花のほうに持ちかえて、さらに180度時計回りに回して完全に根元が霊前に向くようにしたら、献花台の上に捧げるようにおく。
5
黙祷する〈胸の前で手を合わせてもよいし、手は下げたままでもよい〉。
6
軽く一礼して、あとの参列者の邪魔にならないように献花台の前を離れる。
7
右側の喪主の前に人がいないようなら近づいて一礼する。
8
親族の列に軽く会釈しながら退出する。
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科