冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他

玉串奉奠・拝礼の作法

玉串奉奠の心得

玉串は榊(さかき)の枝に木綿(ゆう)または紙垂(しで)をつけたもので神道の儀式ではこれを神に捧げます。
神式の儀式に玉串奉奠はつきもので、神葬祭でも神官が行い、また告別式には遺族をはじめ会葬者によって行われます。
これは仏式の焼香にあたり、やはり同じように清めの行為で拝礼の前行動です。
神式の拝礼は二礼・二拍手・一礼ですが、葬儀の場合は、しのび手といって、音をたてずにかしわ手を打つのが特色です。そのときに手を広げすぎないようにして、静かに両掌を合わせます。
スポンサード リンク

玉串奉奠のしかた

1
神官または係員から玉串をいただく。葉先が左、根元が右の形で渡されるので、葉を左掌で受け、右手で上から茎をつまむようにして受け取る。
2
胸の前で保持しながら祭壇に向かって進む。
3
玉串案の前で止まり、葉先が向こうに、根元が手前になるように右回りに回しながら左手を根元まで下げ、右手を葉先のほうに持ちかえて、更に180度右回りに回して完全に根元が霊前に向くようにして玉串案の上に捧げるようにおく。
4
深く二礼し、二拍手し、もう一度深く一礼する。
5
二、三歩後ずさりして軽く一礼する。
6
あとの参列者の邪魔にならないように、玉串案から離れ、右側の喪主の前に人がいないようなら、近づいて一礼する。
7
親族の列に軽く会釈しながら退出する。
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科