冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他

焼香・礼拝の作法

焼香にあたっての心得

仏式葬儀に欠かせないのが焼香です。本来香を持参するのが正式ですが、今では仏前に備えつけの香をたくのが通例になっています。
焼香については、そのしかたや回数をたいへん気にする人がいます。しかし、もともと焼香は礼拝の前に香をたいて清める行為で、つまり礼拝の前行動なのですから、その形式ばかりにこだわって、礼拝もそこそこに退出するなどは本末転倒というべきでしょう。
焼香の回数については、仏法僧の三回するべきだという人もいますが、それは僧侶の場合であって、参列者は一回でいいのです。もし、それではあまりにももの足りないという人は、従香といって、一回半〈つまり二回目は押しいただかずに香炉におとすだけ〉でもかまいません。ただし参列者が大勢続くときは一回がいいのです。
スポンサード リンク

焼香の順位

とかく気を使うのが焼香の順位です。混乱を招かないように、あらかじめ順位をきめておくことです。いろいろ私情が入ると問題がおこりやすいもの。誰の目にも納得がいくように客観的な基準できめるのが無難です。
一般的には、死者との血縁関係に応じてきめることが多いようですが、地方によっては違った慣習のあるところもあるので、よく調べてきめたほうがよいでしょう。

焼香の一般的順位例
主人が死亡した場合の例
1
喪主 故人の妻
2
故人の息子(長男)夫婦とその子-同居
3
故人の息子(次男)夫婦とその子-別居
4
故人の娘夫婦とその子
5
故人の兄弟姉妹(年齢順)
6
故人の妻の兄弟姉妹(年齢順)
7
故人の長男の妻の親
8
故人の次男の妻の親
9
故人の娘の夫の親


(1).血縁の濃い順
(2).その中でも同居の血族(家族)が先順位
(3).年齢の順
が基本的考えです

焼香〈抹香〉のしかた

焼香の種類

葬儀での焼香のしかたには、仏前に立って行う立礼、座って行う座礼のほか、場所の狭いときや時間を節約する場合などに行う回し焼香がありますが、「心から死者に手向ける」という基本は全く同じです。
焼香のあとの礼拝、これがいちばん大事なのです。遺影や位牌をしっかりみつめて、心をこめて礼拝します。

立礼の場合

1
前の人に続いて焼香台の前まで進む。数珠は左掌に掛けて。左右に礼をする必要はない。
2
両手を下げたまま、祭壇に向かって軽く一礼する。
3
右手の親指と人差し指、中指の三本でお香をつまみ、胸のあたりまで持っていったら、数珠を掛けた左掌を右手の下に添えるようにして目を閉じ軽く頭を下げる。
4
二本の指をひねるようにしながら静かに香を香炭の上にのせる。焼香は一回でよいが、もの足りないと思ったら、従香といって、再び香をつまみ、今度はそのまま香炭にのせる。
5
焼香が終わったら、正面の写真または位牌をじっと見つめてから合掌礼拝する。その時間は早口で「ナムアミダブツ」を三回唱えるくらいが目安。
6
終わったら、あとの人の邪魔にならないように焼香台から離れ、喪主の前に人がいないようなら近づいて一礼し、親族の列に会釈しながら退出する。

座礼の場合

座ったまま行う座礼の場合も、基本は立礼と同じです。

回し焼香の場合

会場が狭いときや時間を短縮したいような場合、回し焼香といって、香炉を順に回して参列者は自席で焼香する場合も少なくありません。香炉が回ってきたら、右手の親指と人差し指、中指の先で香をつまみ、胸のあたりで香をいただき、香炭にのせます。あとがつかえているので焼香は一回にします。
この場合、香炉をのせた盆は、下に置いても左手で持ったまま行ってもかまいません。この場合は焼香のあと、片手拝みになりますが、それでいいのです。
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科