冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他

参列者の服装

遺族側として、また会葬者として葬儀に列席する場合の基本的な考え方は次のようです。
喪主・親族・近親者は正式喪装で列席する正式喪服は、いちばん喪の色の濃い服装です。したがって故人に最も近い喪主や親族、近親者は原則として正式の喪服を着ます。
男性ならモーニング・コートに黒ベスト、黒のネクタイ。もちろん靴やストッキングも黒。和服なら黒の紋服です。
女性の場合は、和服なら黒の喪服。帯ももちろん黒、帯じめ、草履、ハンドバッグも黒です。洋服ならブラック・ドレスで、靴やストッキング、バッグも黒です。

葬儀委員長や世話役代表も遺族に準じる

葬儀委員長や世話役というのは、喪主や遺族にかわって葬儀をとり行う立場なので、近親者に準じた服装をします。
喪主たちと同じ第一表装のモーニング・コートか、一段下げてブラック・スーツ〈ダブルのほうが年配者らしい格調がある〉あるいはディレクターズ・スーツが一般的です。

血縁地縁が浅くなるほど喪は薄くてよい

会葬する場合、何を基準に服装をきめるかといえば、まず故人との関わりの深さです。
したがって親族とはいっても、ごく近しい間柄でなければ正式喪装の必要はありません。かえって準礼装、略礼装がふさわしいでしょう。友人や職場の関係者にしても同様です。
男性なら、まずブラック・スーツ。若い人ならダーク・スーツでかまいません。ネクタイや靴、ソックスなど付属品は正式表装の場合と同じ黒で揃えます。
女性の場合は、和服なら色喪服、つまり、地味な色無地紋つきの着物に黒の帯。小物や付属品は黒で揃えます。洋装の場合は一般に黒のワンピース、ツーピース、アンサンブルなどが着られますが、ダーク調の地味な色のシンプルなデザインのワンピースやスーツであれば、光るアクセサリーをやめて靴やハンドバッグ、ストッキングなどを黒にすれば、立派な略式喪装です。喪の色が足りないと思ったら、胸にさりげなく黒のリボンをつけるのもいいでしょう。
スポンサード リンク

故人の地位や葬儀の規模にもよる

なくなった方の地位や立場、葬儀の場所や規模によっても服装は考えなければなりません。また、これは通夜の場合にもいえることですが、近ごろ一般的に、弔意と敬意の表現として、よりフォーマルに装う傾向が見られます。
失礼といわれることのないように、礼をつくすべき地位や立場の方、目上の方の葬儀には正式表装で参列したほうが無難でしょう。
ときには、関係者や、先輩にたずねだり、同様の立場の人と相談することも必要です。

光る黒は喪の色ではない

黒は、たしかに喪の色です。しかし、気をつけなければいけないことは「光る色は喪の色とはいえない」ということです。
服やネクタイの素材もそうですし、エナメルの靴、エナメルやビーズのバッグなど、黒であっても弔事には禁物です。
また、喪服には極力アクセサリーは避けることです。ことに光るものは禁物です。着けるならば、たとえば男性なら、カフスボタンも黒のオニキスか、せいぜいシルバーまで。女性のアクセサリーも、涙の宝石といわれるパールの、それもごく小さいものまで。パールのネックレスでも二連となると弔事には不適当です。指輪も結婚指輪以外ははずします。

職場から直行するなら黒ネクタイを用意する

葬儀・告別式の場合は、出席することはすでにわかっているのですから、その日はダーク・スーツ、あるいはビジネス・スーツでも、ごく地味なものにしてネクタイだけでも黒いものを持参し、とりかえるようにしたいものです。女性の場合も、その日は地味なドレスで出勤し、参列の前にアクセサリーなどをはずせばよいでしょう。やむをえず平服の場合は、男性なら黒の喪章を巻くとか、女性なら胸に黒のリボンをつけてもいいでしょう。
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科