冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他

お盆

お盆の由来

正確には、うら盆会(ぼんえ)といわれ、「ウランバナ」といって、餓鬼道におちた亡者の苦しみを救うという意味の梵語から出たものです。
釈迦(しゃか)の教えの、「毎年七月十五日〈安居(あんご)が終わる日〉に、施しものを供え、仏、法、僧に供養すれば、寿命をのばし、過去七世の父母の父母は、餓鬼(かき)の苦をまぬがれられる」に始まり、わが国では奈良時代に、各寺院で供養の行事を営んだものが最初とされています。
スポンサード リンク

お盆の行事

七月十三日先祖の霊を招く

旧暦または月おくれで行う地方も多くありますが、一般には七月十三日から盆行事が始まります。
お盆の入りの十三日の夕刻、先祖の精霊(しょうりょう)を招くために、おがらと呼ばれる門火をたいて供養し、そのあと、お墓参りをします。
霊前には水、団子、季節の野菜などを供え、とくに新盆〈死後はじめて迎えるお盆〉の家では、盆提灯を用意します。供物は十四日、十五日と毎朝供えます。

十五、十六日に霊を送る

精霊流しは十五日か十六日に行います。お盆の供物を近所の川に流して、仏を送るのです。精霊送りの盆船〈西方船〉が、川風を受けながら夕暮れの川を流れていき、極楽浄上へ流れ帰るというのは、いかにも美しく詩情のある話です。

新盆には棚経(たなぎょう)をあげる

新盆に限って親せき、知人を招いて供養しますが、そうでない場合は特別に人を招くことはありません。
ただ、菩提(ぼたい)寺から僧侶を招いて棚経(たなぎょう)をあげてもらいます。僧侶には経がすんだところで軽く茶菓を併し、お布施(おふせ)をだします。黒白の水引きのかかった不祝儀袋に入れ、「御布施」あるいは「志」などと書きます。
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科