冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他

お中元

お中元の由来

中国の道教では、一年を上元〈一月十五日〉、中元〈七月十五日〉、下元〈十月十五日〉に二分し、その日を贖罪(しょくざい)の日として太乙(たいいつ)という天の神を祀りました。一方、日本にも一年を二つに分けて、正月と七月〈孟蘭盆会(うらぼんえ)〉を、そのはじめとする考えがありました。盆を新年と同じように一つの区切りとし、親せきや世話になった人、商売の取り引き先などに盆歳暮とか盆見舞いといって、贈り物をしていました。
そうしたことから、日本では中国の上元は小正月、中元は盆の節供として受け入れられたようです。しかし、上元と下元は忘れられ、中元と孟蘭盆会が結合して、お盆の贈答、つまり祖霊への贈りとなりました。江戸時代から商業取り引きは盆と大晦日に決済するのが習わしで、商人の間では早くから年二回の贈答が行われていましたが、一般に普及しだのは、明治三十年以降といわれています。そして戦後は、しだいに部下から上司へといった「ご機嫌伺い」の色彩をおびてきました。
スポンサード リンク

お中元の贈り方

最近は虚礼廃止が叫ばれ、この習慣も見直されています。しかし、相手に喜ばれる心のこもったお中元であれば、日頃の感謝をあらわすよい機会として利用してもよいでしょう。
贈る時期は、七月はじめからお盆前までにするのがしきたりです。これは本来、中元の贈り物が供物であったからですが、今では地方の盆行事に合わせて、関東は七月はじめから七月十五日まで、関西以西は八月十五日までにするようです。この時期を過ぎると、時候に合わせて「暑中御見舞」「残暑御見舞」として、贈るのがふつうです。
贈答品は、昔はその家が新盆であれば提灯や灯龍、そうでない家には米や麦、麺類、菓子、果物などを贈ったものです。最近はお盆の贈り物という意識はなく、自由に品物を選ぶようになりました。
この時期、デパートを中心にお中元商戦が大大的に繰り広げられますが、人気があるのは、商品券、ビール券、洋酒、食料品などで、全体の八割〜九割を占めています。また、「モノからサービスヘ」の変化が見られ、クリーニング券、食事券、旅行券などのギフト券もよく利用されるようです。しかし、一方では贈答品の買い取りも盛んですから、相手に喜ばれるものを贈る心がけが必要でしょう。
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科