冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他

七夕まつり

七夕まつりの由来

七タまつりは、日本古来の祖霊まつりと中国の乞巧奠(きっこうでん)の星祭りが習合してできた行事です。多くは七月七日に行いますが、旧暦にはじまった行事なので、その日にあたる八月七日のところもあるようです。
もともと七夕の行事は、七月十五日の祖先をまつる盆行事の準備のためのものでした。女の子は髪を洗い、神に供える食器類をきれいにし、祖先の霊が降りてくるという、ガマやマコモで「七夕馬」を作って屋根の上に置いたりしていました。また、お盆に巡幸してくる神のために、選ばれた巫女(みこ)が海辺や池のほとりで神の衣服を織っていました。棚機(たなばた)は織機のことで、巫女は別名、棚機之女(たなばたつめ)といいます。
一方、中国の乞巧奠の伝説は、よく知られているように、二つの星の物語です。琴座のベガは織女、鷲座のアルタイルを牽牛といい、二人は仕事も手につかないほどの恋に陥りました。
そのため帝の怒りをかって、離れ離れにされましたが、一年に一度だけ天の川に翼を広げる鵲(かささぎ)に乗って逢うことが許されます。織女の逢瀬を祝い、同時に機織りの巧〈技術〉がうまくなるように乞う祭りとなって乞巧奠と呼ばれ、旧暦七月七日の行事となっていました。これでわかるように、日本の「棚機」と、中国の旧暦七月七日の織女の話が混じり合って、七夕というようになったのです。
日本では、奈良時代から宮中で星祭りを行うようになりました。しかし、当時は七にちなんだ遊びの要素が大きく、裁縫の上達を願うようになったのは、平安時代から。一般に普及したのは、江戸時代に幕府が七夕を節句の一つにしたことから、庶民の間に普及しました。
スポンサード リンク

七タのまつり方

古くは、六日の夕方から七夕飾りを立てたものですが、今は七日に立てるのが一般的です。笹には、願いごとや歌を書いた短冊や星などを飾り、花や団子、瓜、なす、そうめんなどを供えます。かつては、裁縫や書道などの上達を願っていたものが、庶民の間に広がるにつれて、願いごとがあらゆるものに変わったようです。また、八日の夜には七夕送りといって、天の川に流れついて願いがかなえられるよう、笹を海や川に流したものですが、今ではほとんどしなくなりました。今では仙台や神奈川県・平塚の商店街が行う華やかな七タまつりばかりが目をひくようになりましたが、七タまつり、星まつりといったやさしくなつかしい行事を、ぜひ生活の中にとりもどしたいものです。
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科