冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他

母の日

母の日の由来

五月の第二日曜日を母の日として、感謝をあらわします。
これは、アメリカのウエスト・ヴァージニア州にアンナ・ジャーヴィズという熱心なクリスチャンがいて、一九〇八年、母の愛に報いることができなかったことを悔い、教会の日曜礼拝で白いカーネーションを配ったことからはじまりました。一丸一四年、アメリカでは五月の第二日曜日を母の日として議決し、それ以来、世界じゅうに広かった行事です。
日本に入ってきたのは、大正時代のことですが、当時は、教会でささやかに行われる程度でした。その後、昭和六年に、ある子どもクラブと母の会が、「母をたたえましょう」と、旗を掲げて東京の街を行進したことから、全国的に広まりはじめたとされています。しかし、やがて当時の皇后陛下の誕生日〈三月六日の地久節〉が行われるようになり、母の日の行事も消滅したようになっていました。
スポンサード リンク

母の日の祝い方

復活したのは、昭和二十四年のことです。しばらくは、母のある人は赤、亡くした人は白のカーネーションを胸につけて母への感謝をあらわしていましたが、今では区別なく、赤いカーネーションを母に贈るようになっています。
近ごろではカーネーションにこだわらず母親の好きな花を贈る人もふえています。花以外のプレゼントを考えるのもよいでしょう。子どもたちで夕食の仕度をしてお母さんにご馳走したり、肩をもんだり、観劇に招待するなども喜ばれるでしょう。電話や手紙も、特に離れた土地にいる母親にとっては、うれしいものです。
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科