冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他

端午の節句

端午の節句の由来

男の子の前途を祝う日。現在の子供の日です。
菖蒲(しょうぶ)の節句ともいわれ、菖蒲の花を家の軒に差したり、菖蒲湯をたてる風習は今も全国各地に残っています。菖蒲は昔、万病をはらう薬草といわれて、お酒などに浸して飲まれたといいます。またこの日には、粽(ちまき)や柏餅を食べたり、これを親せきや知人に配ったりしたものです。また武者人形や、立身出世を願って鯉のぼりを飾って祝うようになったのは、江戸時代になってからだといわれます。

五月人形の飾り方

菖蒲は「尚武」に通じます。鎧兜(よろいかぶと)や武者人形を飾る五月人形は、男の子に尚武の精神を期待する気持ちから生まれたといわれています。鐘馗(しょうき)〈中国の玄宗(げんそう)皇帝の夢に現れたといわれる人物で、厄払いや疫病を除くといわれる〉や、金太郎などの人形も飾ります。
五月人形の飾り方は三段飾りが一般的で、よろいやかぶとを中心に、左右に弓矢と太刀(たち)、後ろに幕や屏風(びょうぶ)を張り、手前に陣笠と軍扇をおきます。さらにのぼり、吹き流しを飾り、手前の列の左右にかがり火、中央に菖蒲酒と柏餅、ちまきを供えます。
しかし現在一般には、かぶと、太刀など二、三点をそろえるだけにし、人形も荒々しいものよりは、かわいい童児をかたどった人形を飾る家が多くなりました。
童謡にあるように子どもの成長を祝う意味で、柱に毎年身長を計ってしるしをつけ、記録するのも楽しいものです。
五月人形の飾り方
スポンサード リンク

鯉のぼりの立て方

昔から鯉のぼりは、生まれた男児の数をあげる風習があり、出世魚といわれる鯉にあやかり、我が、わが子の立身出世を祈願して立てるようになったといわれます。
のぼり竿を立て、竿の先に回転球と矢車をつけ、上から吹き流し、真鯉、緋鯉の順につけます。
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科