冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他

お花見

お花見の変遷

古代のお花見は、中国の影響でもっぱら梅を観ることでした。桜は、その散る時期によって農作物の出来・不出来を占う花となっていたのです。
福井県の鳥浜貝塚から出土した弓に、桜の樹皮が巻かれていたことから、日本人と桜の付き合いは五千年以上にもなる、といわれていますが、桜の花をみて楽しむようになったのは、平安時代からです。しかし、当時はもっぱら貴族たちの行楽で、桜のころともなると、山野に酒肴を持参し、一日じゅう蹴鞠(けまり)や歌会に興じていました。梅から桜への推移は、「万葉集」では梅の歌が多いのに対し、それより後に出た「古今集」や「後拾遺和歌集」などでは、桜が断然多くなっていることからもわかります。やがて花見は武家の間にも広がり、一五九八年三月には豊臣秀吉が京都醍醐寺三宝院の門前から山のふもとまで、幔幕を引いて大宴会を開いたといいます。
江戸時代になると、花見は庶民のものとなりました。芭蕉の句に「京は九万九千群衆の花見かな」とありますが、上野、向島、飛鳥山、小金井などに花の名所ができて、飲めや歌えの大騒ぎだったようです。花の命が短く、散り際が美しいことから武士に愛され、庶民にも親しまれて、文学や絵画、工芸、演劇、あるいは桜餅、桜湯など食生活にまで大きな影響をあたえました。
スポンサード リンク

今日のお花見

桜は日本の国花で、種類は三百種もあります。沖縄では緋寒桜が一月ころから咲きますが、本州の桜は三月下旬から五月の初めころまで。開花は、彼岸桜、染井吉野、山桜、八重桜の順で咲きます。
新聞やテレビは、毎年「桜前線」を発表しています。
たとえば、染井吉野では、例年三月末に桜前線が九州に現れ、気温の上昇につれて北上し、本州中部が四月初め、北海道は五月の初めという具合です。
花見は、今でも全国的な行事になっていますが、会社の宴会担当者が縄を張って何日も前から場所取りをしたり、カラオケで歌ったり、風流な行事も大きく様変わりしているようです。賑やかに飲めや歌えもまあ結構ですが、心静かに花を愛でるという心の豊かさは失いたくないものです。お花見のあとはゴミの山などというのでは、風流なお花見にはほど遠いのではないでしょうか。
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科