冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他

お彼岸

お彼岸の由来

春の彼岸は、春分の日の前後三日間を合わせた七日間をさし、仏教で先祖供養をする期間として、法要やお墓参りをする日本の代表的な年中行事です。三月二十一日ごろが春分ですから、お彼岸は例年三月十八日・十九日ころから二十四・二十五日ころになります。
お彼岸の最初の日を「彼岸の入り」「入り彼岸」「さき彼岸」「初手彼岸(そてひがん)」などといい、春分の日を「彼岸の中日」、そして最後の日を「終い彼岸」「彼岸ばらい」などといいます。秋分の日を中心にした彼岸もありますが、俳句では彼岸といえば春の彼岸をさしています。
彼岸とは、梵語の波羅密多(はらみった)の訳語で向こう岸、つまり迷いを脱し、生死を超越した悟りの境地をいいます。涅槃(ねはん)ともいい、現世の此岸(しがん)に対する言葉です。この彼岸は西方にあるとされ、太陽が真西に沈む春分や秋分のころ、往生の本願を遂げさせるようにと先祖供養が行われるのです。この時期、寺院では彼岸会とよばれる法要かいとなまれます。これは聖徳太子の時代にはじまったともいわれ、日本独特なものと考えられています。
スポンサード リンク

お墓参り

墓参りは、だいたい彼岸の入りの日に行く人が多いようですが、七日間の間ならいつでもかまいません。必要なものは、水、花、線香、マッチ、供物、掃除用ほうきなど。しかし、闘伽桶(あかおけ)、ひしゃくなどは、お寺や近くの花屋さんで借りることができます。
まず、墓の周りを掃き清め、花立てに水を入れて花を飾り、墓石の前の供水〈くぼみのあるところ〉に水を満たし、墓石の上からも水を注ぎます。墓石がきれいになったところで、五目寿司、おはぎ、だんごなどを供え、線香を立てて祖霊に手を合わせます。

新仏の供養

また、新仏のある家庭では、仏壇をきれいにし、花や供物をあげて、親族が集まって、僧侶にお経をあげてもらいます。
墓参や家庭での供養の作法は、宗派や地方によって幾分違いがありますが、先祖を供養する気持ちがあれば、あまり神経質になることはないでしょう。
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科