冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他

ひな祭り

ひな祭りの由来

桃の節句、上巳(じょうし)の節句、弥生(やよい)の節句などといわれて、女の子の末長い幸福を祈り、祝います。上巳の節句といわれるのは、旧暦の三月三日が十二支の巳の日であるところから始まったもので、中国ではこの日に水辺で禊(みそ)ぎをする風習がありました。
この日は厄払いの日とされ、紙で人形(ひとがた)を作り、これで体をさすって川へ流しましたこの人形が後に手の込んだ玩具の人形になり、女の子と結びついてひな祭りとなったものです。
現在の内裏(だいり)びなが一般に普及するようになったのは明治以降のことです。
スポンサード リンク

ひな人形の飾り方

ひな段の飾り方

ひな人形の飾り方や段の数など、関東と関西では少し違いがありますし、地方によっては独特のひな飾りをするところもありますが、一般的には十五人そろいの五段あるいは七段が、もっとも正式な形とされています。
十五人そろいとは女びな、男びな、官女三人、右大臣、左大臣、五人囃子(ばやし)、衛士三人で、これに桃の花の色どりを添え、ひし餅、白酒、あられ、ハマグリなどを添え、さらに鏡台、たんす、針箱など、昔の嫁入り道具をそっくり模したものを飾ります。
まず、一段目の屏風の前に内裏雛〈男雛が向かって左、女雛が右〉を飾り、左右にぼんぼり、中央の三方の上に一対の瓶子(へいじ)を飾ります。二段目は三人官女と高杯(たかつき)、三役目は五人囃子、四役目は中央に膳部と菱台をおき、両側に隋臣〈向かって右が左大臣、左が右大臣〉、五役目は三人の衛士とその両側は向かって右が桜、左が橘、六役目にはミニチュアの嫁入り道具で、七役目が御所車と駕龍(かご)といった具合です。
近ごろでは住宅事情もあって、男女二体の内裏雛を飾る家がふえています。
ひな壇の飾り方

飾る時期は

別に、いつでなければというきまりはありませんが、前日に飾る、いわゆる一夜飾りはきらわれます。せっかく出したのですから、雰囲気を楽しむためにも、一週間前くらいには出したいものです。

片つける時期は

ひな祭りがすぎたら、なるべく早く、片づけましょう。昔は早くしまわないと婚期が遅れるといって四日の朝には片づけました。
一体ずつ薄紙に包み、防虫剤を入れてしまいます。やさしく大事に丁寧に扱いましょう。出すのも、しまうのも子供といっしょにするようにしたいものです。

ひな祭りの祝い方

都会では、個人の家庭的な行事ですますことが多いのですが、地方によっては、草餅やひし餅を作り、親せきや近所に分け合って祝うところもあるようです。
女の子のある家庭では、飾られたお雛さまの前で、甘酒や散らしずし、桜餅や草餅で祝います。お吸い物には蛤が使われますが、これは女性の貞操をあらわすのだそうです。
祖父母を招くもよし、またお友達をよんで親うのもよいでしょう。この場合は昼間にします。
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科