冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他

節分

節分の由来

立春の前日、つまり大寒の終わりの日は、冬の節が終わって春の節に移る日、節を分かつ日ということで節分といいます。立夏、立秋、立冬の前日もそれぞれ節分といいますが、旧暦では立春と元日が同じ意味をもっていたことから、年越しの行事として重視され、今では立春前日の節分〈二月三日ごろ〉だけが残りました。
これは、古代中国で節分の夜、悪鬼邪気を払う鬼儺(おにやらい)という行事が行われていましたが、これが日本に伝わってきたものです。
古くは追儺(ついな)とか鬼儺と呼んで、弓矢や杖で疫鬼を追い払う儀式が行われていました。各地の行事もさまざまで、邪鬼よけのまじないとして、いわしの頭やひいらぎの枝を戸ロにさしたりしました。鬼がひいらぎで目を刺され、いわしの悪臭で逃げ出すといういい伝えによるものです。
スポンサード リンク

豆まきのしきたり

「福は内、鬼は外」と唱えながら、豆をまくようになったのは、室町時代ころからです。節分の豆を年の数だけ食べると、その年は災厄をまぬがれるとか、升から自分の年の数だけ一つかみにすると縁起がよいとか、いい伝えられています。大豆は小豆同様、どこにでも栽培でき、その根が土壌に活力を与えることから、神秘な力を持つものとされていたのです。
また、神社仏閣などが有名人の中から年男を選び、豆まきをするようになったのは明治時代になってからです。今でも東京浅草の浅草寺は有名ですが、拾った豆は家の神棚に供え、その後で食べるのが作法とされていました。
家庭での豆まきも、豆を作ってから行うのがしきたりでした。しかし、最近は市販のものを使うようになっています。
まず、作り豆を三宝や升に入れて神棚に上げ、夜、家の戸や窓を開けて、年男か、一家の主人あるいは男の子が「福は内、鬼は外」と唱えながら豆をまき、鬼を追い払っていきます。その後で、自分の年の数だけ豆を食べるのがしきたりです。
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科