冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他

鏡開きとドンド焼き

鏡開きの行事

鏡開きは、一月十一日に、歳神に供えた鏡餅をおろして割り、雑煮や汁粉に入れて食べる行事です。鏡割りともいいますが、。割るとか。切るという忌み言葉を避けて、鏡開きといいます。
これは中国の風習で、元旦に、にかわのような固いあめを食べて延命長寿を祝福する儀式がありました。それが日本に伝わり、宮中の「歯固め」の行事となったものです。歯は、齢(よわい)のことで、のちに鏡餅のような固いものを食べる風習になり、「鏡開き」を行うようになったといわれています。
鏡開きが行われるようになったのは、中世の武家社会になってからです。当時、武家では鏡餅を、よろいかぶとなどを収めるぐそくびつの上に飾っていたので、具足開きといい、雑煮を食べることを「刃柄(はつか)を祝う」といいました。また、女性は鏡台に供えた鏡餅を「初顔(はつかお)祝い」といっていました。
もともと、正月二十日に行っていましたが、徳川三代将軍家光の忌日にあたるので、承応年間から十一日の蔵開き〈新年になり、はじめて蔵を開き家産の増殖を祝う行事〉に合わせて行われるようになり、庶民もこれに習うようになりました。今でも地方によって違いますが、多くは十一日の行事となっています。
なお、鏡餅は刃物は一切使わず、手や槌で割るのがしきたりです。これは武家の習わしをまねたものですが、武士の象徴である具足に飾った、神への供物に刃を立てることを嫌ったからでしょう。
スポンサード リンク

ドンド焼きの行事

ドンド焼きは十五日に行われる火祭りで、正月に飾った門松、注連縄、書き初めなどを焼く行事で、十五日に行います。左義長ともいいますが、三鞠打、三毬杖、三本張、と書いて、それぞれサギチョウと読ませます。新年に毬を杖で打つ行事があり、その杖を三本組み合わせて、燃えしろを寄せかけて火をつけたことから、その名がついたともいわれています。また、ドンドというのは、爆竹の音や火の勢いを形容していうようになったようです。
ドンド焼きの火で、餅や団子を焼いて食べたり体を温めると災厄をまぬがれるとか、火にあたると若返るとかいわれていました。火が高く上がるほど吉兆だともいいます。
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科