冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他

雑煮

雑煮の由来

元旦の朝食は、年越しの夜に歳神に供えた餅や野菜などを一つの鍋で煮て、歳神の祭りに加わった人たちが、分け合って食べたものです。九州地方では、雑煮または正式食膳をノーライ・ノーレなどといいますが、ノーライとは直会(なおらい)のことで、神に供えたものを食べることです。雑煮も、家庭で各自が身祝いとして供えた小さな鏡餅を、元旦に調理して食べたのがはじまりとされています。
もともとは農民や庶民が食べていたものを、武士の台頭とともに、武家や公家の間に広まったといわれています。
スポンサード リンク

雑煮さまざま

雑煮の具や汁の調味、餅の形、調理法などは地方によってさまざまです。
汁の調味は大別して、すまし仕立てのもの、味噌仕立てのもの、小豆雑煮、の三つに分かれます。
京都を中心に関西では、武家式礼にならったといわれる白味噌仕立てのものが主流ですが、関東地方や中国、九州などは、すまし仕立てが多く、それにも、かつお節のだしであっさりしたものと、魚や鳥肉などでだしを取ったものがあります。また、小豆雑煮は中国や九州の一部にみられます。
具の材料は、その土地の産物を使うのが特徴です。餅のほか、大根、人参、ごぼう、里芋、三つ葉、かぶ、ほうれんそう、くわい、昆布、のり、蛤、鯛、海老、あなご、鳥肉、焼き豆腐、かまぼこなど、いろいろなものを入れます。
餅の形は、丸餅と切り餅があり、関東では切り餅、関西は丸餅が主流です。また、関東は餅を焼いて入れるのに対し、関西は入れて煮るのが一般的のようです。
雑煮は、日本の伝統的な正月料理といわれます。今でも、しきたりを守る地方では、年男が歳神への供物を供えたり雑煮をつくる役目も果たしているようですが、夫婦いずれかの出身地の伝統的な雑煮を大切に守っている家庭もありますし、現代風にアレンジしてオリジナルな雑煮を楽しむ家庭もあり、実に多種多様です。
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科