冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他

おせち

「おせち」のいわれ

おせちはお節で、節句に神に供える供物を意味する節供からきたことばですが、節句の中でもお正月は特に重要であったことから、お正月の料理を「おせち」というようになったのです。
昔は除夜の鐘とともに神棚に供えて、その後皆で食べたものですが、これが後に松の内に食べるようになり、年賀の客をもてなす料理となりました。お正月の間、主婦が休めるようにと、煮しめ料理などの保存食を揃えるようになったのが、今のおせち料理で、暮れの間につくります。
スポンサード リンク

おせち料理の詰め方

おせち料理は、組重といって四季をかたどった四つ重ねの重箱に詰めるのが正式です。たとえば次のようです。
 
一の重
口取り
かまぼこ、きんとん、だて巻、黒豆、田作り、こぶ巻など。
二の重
焼き物
たい、ぶり、いか、えび、はまぐりなどの魚貝類。
三の重
煮物
さといも、ごほう、れんこん、しいたけ、にんじん、たけのこ、こんにやく、高野豆腐など。
与の重
酢の物
紅白なます、酢れんこんなど。
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科