冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他

七草粥と小豆粥

七草粥の行事

日本には、一月七日に七草粥を食べる風習があります。
この日を、七草の日、七草の祝い、若菜の節(せち)とかいいますが、中国では人日(じんじつ)といいます。これは元旦から八日までの各日に、鶏、狗(いぬ)、羊、猪〈豚〉、牛、馬、人、穀を当て、その日に当たるものを大切にする風習がありましたが、七日は人間の日という意味で、その日、七種の若菜を羹(あつもの)にして食べると年中無病でいられる、といい伝えられていました。
これが日本に伝わり、古くからわが国にもあった七種粥〈米、あわ、きび、ひえ、みこ、ごま、小豆〉と混じりあって、七草粥の行事が生まれたとされています。
一般に七草といえば、セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベ、ホトケノザ、スズナ〈かぶ〉、スズシロ〈大根〉ですが、地方によっては、ごぼう、人参、餅など、独特なものが使われることもあるようです。
また、七草の材料をたたくとき、七草ばやしといって「七草なずな、唐上の鳥と日本の鳥と、渡らぬ先に、七草はやす」とか、「唐土の鳥と日本の鳥と渡らぬ先に、七草はやす、おてこてんてん」などと歌っていたが、年のはじめに作物を荒らす鳥を追って、豊年を祝う行事と結びついたようです。
いずれにしても、旧暦の正月は、今の二月にあたり、野菜が少なく、不足しがちなビタミンを補う意味もあったのでしょう。
スポンサード リンク

小豆粥の行事

小豆粥は、小正月〈一月十五日〉に小豆粥を食べて悪鬼を避け、疫病を払うという風習です。これも門戸を祀るのに豆の粥をつくったという中国の風習に習ったものです。日本では、望の日〈十五日〉の粥なので、望粥(もちがゆ)ともいいますが、粥占(かゆうら)といって豊凶や天候を占ったり、粥を炊くときにかきまわす粥杖(かゆずえ)を、祝い棒といって成木責(なりきぜめ)や嫁叩きに使いました。祝い棒は、豊穣の力を持つとされ、これで叩くと子どもが生まれるとか、果樹がよく実るというまじないです。また、小豆の赤には神秘な力があり、疫病よけのまじないとなっていたのです。今日でも祝い事があると、赤飯を炊きますが、これも同じ風習から生まれたといえます。

七草粥・小豆粥の作り方

七草粥小豆粥、どちらも現代人の口には合わないかも知れませんが、七草はデパートなどで六日ごろから売っていますし、小豆はどこでも買い求めることができます。七草粥の作り方は、粥ができると、火を切る直前に刻んだ七草を入れ、塩をほんのわずか加えます。また、小豆粥の場合は、最初から小豆を入れてもかまいませんが、小豆を前もって蒸(ふ)かしておき、粥の中に加えて少しの間炊き含め、塩少々を入れるとおいしくできあがります。
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科