冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他
結婚記念日

結婚記念日

結婚記念日の意義

結婚記念日は元来欧米から始まった風習で、夫婦より家のきずなの強かったわが国には、こうした祝いはありませんでした。その日本で結婚記念日を祝うようになったのは、明治二十七年に明治天皇の銀婚式が「大婚二十五年祝典」として祝われたのが最初で、その後一般に広まるようになりました。
欧米では結婚一年目から六十年〈あるいは七十五年〉目まで、二十年目までは毎年、それ以後は五年ごとに名称がつけられていて、そのシンボルにちなんで贈り物をして祝う風習があります。
結婚一年目にはまだ紙のようにもろかった夫婦の結びつきが、革〈三年目〉、木〈五年目〉から錫〈十年目〉、水晶〈十五年目〉を経て銀〈二十五年目〉、金〈五十年目〉へ、そしてさらにダイヤモンド〈六十年目、あるいは七十五年目〉へと、次第に価値のあるものに高められてゆきます。
さすがに夫婦の結びつきを大事に考える欧米らしい発想です。
とにかく、それまで全く他人だった二人が縁あって結ばれたのです。五年、十年…と結婚記念日を機に夫婦の愛を確かめ合ったり見直したりすることは、たいへん意義のあることだと思います。
結婚記念日の名称
スポンサード リンク

結婚記念日の祝い方

結婚記念日は、夫婦二人の記念日です。二人水入らずの祝宴もしゃれています。恋愛時代から新婚当時のアルバムを繰りながら思い出を語り合ったり、音楽に合わせて踊ったり、結婚式のビデオを回しながら感激を新たにして二人静かに祝杯をあげるのもよいでしょう。
革だ錫だと、名称にこだわる必要はありません。ささやかなものでいいのです。欧米にならって一年に一度この日に、夫婦お互いが感謝のことばとともにプレゼントを交換し合う習慣をつくってはどうでしょう。
記念日ごとに庭に記念樹の苗を植えたり、一つずつ家具を買い足したり、何かを積み重ねていく形で記念日を祝う、という祝い方もあります。
このように水入らずで祝うのも結構ですが、親しい友達などを招いて気楽な集まりをするのも楽しいし、子どもが大きくなれば、子どもたちで計画して両親の記念日を祝ってあげるのも大いに結構なことです。

銀婚式・金婚式の祝い方

子供たち主催のパーティーも

結婚記念日の歴史の浅い日本ですが、銀婚式と金婚式を祝う風習は、かなり定着したようです。
銀婚式は結婚二十五年目、金婚式は五十年目という大きな節目にあたる結婚記念日です。男性も女性も長寿になったこの頃では、金婚式を祝う夫婦も珍しくはなくなりました。
本人たちが親しい入たちを招いて祝宴を開いたり、また子どもたちや教え子たちが主催して、親や恩師のために祝賀パーティーを開くケースもあります。
会場も結婚のときと同じ場所にして、二十五年前、五十年前に出席してくださった方をなるべく大勢お招きして、宴の内容も結婚式に準じて、ウエディング・ケーキにナイフを入れたり、二人でキャンドルを持って客席を回ったりといった演出をするのも楽しいものです。

パーティーに招かれたら

祝賀パーティーに招かれたら、出欠の返事は早めに出しましょう。
当日の服装は大体結婚式に準じ、主役の服装に合わせます。たとえばご夫婦が礼装なら、一段下げて略礼装に。主役が平服なら、もちろん平服で出席します。

銀婚式・金婚式の贈り物

子どもや孫たちから、感謝をこめて、心からの贈り物をしましょう。
品物でなくとも、たとえば、お金を出し合って旅行のクーポン券を贈るというのもきっと喜ばれます。最近では、まえもって子どもたちに希望を話し、自分たちの貯えに加えて餞別をもらい、海外旅行を計画する夫婦もあります。
積極的な姿勢で、四半世紀からさらに半世紀と力を合わせて生きぬいてきた健在ぶりを示すのは、大いに意義のある素晴らしいことだと思います。
友人・知人からのお祝いには、夫婦茶碗、夫婦座ぶとん、といった対になった品を贈るとか、セーターやスポーツウエアをペアで贈るなども気がきいています。
銀や金の名にこだわることはありません。趣味に合わせて画集や盆栽の鉢を贈るもよし、花束を贈るのもよいでしょう。
結婚記念日の祝い
表書き
御祝、祝○○婚式
水引
のし付紅白か金銀の蝶結び
贈る時期
記念日か祝宴の席で贈る
目安
通常5千〜1万円
銀婚1万〜2万円
金婚2万〜3万円
家族で5万円
関連ページ

◆冠婚葬祭マナー百科 ≫ 冠婚葬祭 その他 ≫ のし袋の知識
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科