冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他

初誕生

初誕生のしきたり 餅誕生

初誕生は、生まれて初めての誕生日です。毎年、誕生日を祝うという慣習は本来欧米のものですから、昭和二十年頃まで、新年とともに年を重ねる、いわゆる数え年で年を数えていたわが国では、一般に誕生日を祝うということは盛んではありませんでした。
しかし、その中で、生後初めての誕生日だけは、初誕生といって、他の諸慶事とともに、盛んに祝われてきました。
昔は、赤ちゃんが生まれて無事満一年を迎えたその日に餅をついて祝うのが慣習となっていました。そのために初誕生は「餅誕生」などといわれて、今でも地方によって餅をついて祝うところも多く、さらに力餅とか立ち餅といってその餅を赤ちゃんに背負って歩かせたり、小さな足で踏ませて、子供が苦難の道を切り開いて健やかに育つよう願う風習も、まだ各地に残っています。
スポンサード リンク

初誕生の祝い方

赤ちゃん中心の祝い方を生後一年といえば、子供にもよりますが、ヨチヨチ歩きから早い子は歩き始めますし、離乳も進んで、いろいろなものが食べられるようになり、また言葉も片言でおしゃべりするようになります。
何も古い風習にとらわれる必要はありませんが、このように赤ちゃんから子供に脱皮する重要な節目にあたる初誕生を、心をこめて祝ってあげたいものです。
父方・母方の祖父母、仲人、そのほか赤ちゃんの成長を見守ってくださっている方々をお招きしてホーム・パーティーで祝うのもよいでしバースデー・ケーキにろうそくを一本立てて、ハッピー・バースデーを歌い、心からの拍手で祝います。将来にのこる記念として、ぜひ記念撮影を。
初誕生は、あくまでも赤ちゃん中心のお祝いでなければなりません。夜おそくまで騒いで、赤ちゃんを興奮させたり疲らせたりしないように。

出席していただけなかった方には

遠方などの理由で残念ながら出席していただけなかった方には、記念写真を添えて報告とお礼の手紙をさっそく出しましょう。
お祝いをいただきながらお招きしなかった方には、一週間くらいの間に、お礼の手紙を添えて内祝いの品をお送りします。

お祝いの品は

初誕生を祝うというのは、大体ごく親しい間柄です。ざっくばらんに希望を聞くのがいちばんです。同じものが重なってもつまりません。
せっかくの品も、ものによっては場所などの問題でありがた迷惑ということにもなりかねません。ひとりよがりにならないように、贈りたいものより贈られたいものを選びたいものです。
衣服や靴、知能や運動機能を高め、しばらくは楽しめる積み木や乗り物などの玩具類。それに心をこめた手作りの名入りのケーキを持参するのも喜ばれます。もちろん、この場合は早めにその旨を伝えます。
初誕生祝い
内祝い
表書き
初誕生
内祝
水引
のし付紅白蝶結び
初誕生日に招待した人には、お返しは不要。
それ以外の人には、半額程度を目安に「内祝」を。
紅白蝶結びののし紙をかけた品に、写真やカードを添えて。
贈る時期
初誕生日の前後
目安
祖父母で2万円位
友人知人で5千〜1万円位の現金か品物
関連ページ

◆冠婚葬祭マナー百科 ≫ 冠婚葬祭 その他 ≫ のし袋の知識
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科