冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他

お食い初め

お食い初めのしきたり

地域にもよりますが、生後百日目か百二十日目に、赤ちゃんの成長を祝い「一生食べ物に困らないように」との願いをこめて祝う儀式が、この「お食い初め」で、「お箸初め」「箸ぞろえ」ともよばれます。
ちょうど三、四ヵ月といえば、そろそろ離乳食に入る時期でもあり、また赤ちゃんの首もすわって知恵もついてくる頃でもあるので、その時期に大人並みの食膳を整えてもらって食べる真似をさせる儀式は、たいへん意義があると思います。
揃える食器は、本来は素焼きのものや漆器のものが使われましたが、近頃ではデパートなどにゆくと合成樹脂製の可愛らしいセットが出ていて、お食い初めのあとは離乳食用に使うなどたいへん合理的です。
正式の祝い膳は、本膳に、お頭づきの焼魚、ご飯〈白飯か赤飯〉、汁ものと梅干し、二の膳には歯固めとして紅白の餅などをおきました。ところによっては、昔の武家風をそのまま今でも水引きをかけた小石を飾るところもあります。
スポンサード リンク

お食い初めの祝い方

お使い初めには、もう一つ、親族への仲間入り、という意味もあるといいます。父方・母方の祖父母、伯〈叔〉父、伯〈叔〉母やごく親しい方たちにも来ていただいて、いっしょに祝っていただきましょう。
近親者の中に長寿の方がいらしたら、あやかれるように、お食い初めの役目を、その方にお願いするのもよいでしょう。
形は形として、リンゴをすりおろしたものとか、ヨーグルトとか、重湯とか、離乳食として実際に食べられるものを用意するのもいいことです。
お食い始めのお祝い
表書き
御初膳御祝
水引
のし付紅白蝶結び
贈る時期
生後100日〜120日
目安
5千円〜1万円
関連ページ

◆冠婚葬祭マナー百科 ≫ 冠婚葬祭 その他 ≫ のし袋の知識
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科