冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他

お七夜・命名の日

お七夜の意義

枕引き、枕下げともいい、赤ちゃんが生まれた日から七日目の夜に行うもので、赤ちゃんにとっては、生まれて初めての慶事です。
この夜、親せきや親しい人たちを招いてお祝いをします。
法律的には生後二週間以内に出生届を出せばよいことになっていますが、昔からの慣習で、たいていの場合、この日までに名前をつけますから、お七夜が、すなわち命名の日ということになります。

命名

子供の幸福を願って親が命名するのがいちばん一度つけた名は一生その人のものです。尊敬するどなたかに名付親になっていただくのも結構ですが、なんといっても両親が、心からその子の幸福を願って命名するのがいちばんです。親のひとりよがりにならないように、呼びやすく、読みやすく、書きやすく、親しみやすくなど、その子の将来を考えて慎重につけたいものです。

命名書の書き方・飾り方

名前がきまったら、命名書を書きます。
正式には奉書を三つ折〈左、右の順に三つに折る〉にして、中央に赤ちゃんの名前を大きく記し、右肩に父親の名前と続き柄、左下に赤ちゃんの生年月日をしたためます。そしてその左側に命名の年月日と父親の姓名を書き、表に「命名」と書いて三方(さんぽう)にのせ、神棚や床の間に供えます。
また、神棚にはお神酒(おみき)、赤飯を供えてわが子の無事出生を報告し、前途の幸福を祈ります。いまでは半紙に書くのが普通で、神棚や床の間のないときは、飾り棚や机の上に飾ってもかまいませんし、ベッドの頭など赤ちゃんの枕もとにあたる壁の見やすい位置に飾るのもよいでしょう。
はずす時期は別にきまっていませんが、せめて出生届を終わるころまでは飾っておきたいものです。
命名書
スポンサード リンク

お七夜の祝い方

産婦への心配りを

赤ちゃんにとっては、生まれてはじめての祝いごとであり、また晴れて名前を与えられた記念すべき日です。また母親にとっても、晴れて無事母となり身内の人たちの祝福を受けるうれしい宴です。
しかし、産婦の体は、まだ完全には回復していません。周囲の人たちは、とくに料理も消化のよいものを選んであげるとか、疲れないように早めに解散するといった心配りがほしいところです。
なお、もし赤ちゃんの名付親があるなら、この日お招きして感謝の意を表します。
もし産婦が、まだ入院中ならば、家族はお祝いの花などを持参して見舞います。

看護婦さんらへのご祝儀

昔は、お七夜には命名式のあとで祝宴をひらき、その席に助産婦を招いて謝礼を渡したものですが、病院で出産することの多い昨今では、このしきたりもうすれてきました。
しかし、やはり人によっては、お七夜には、看護婦、付添人などに祝儀を包むことも多いようです。この場合、祝儀袋には、祝宴のごちそうの代わりという意味で、「御膳料」としたためます。
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科