冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他

帯祝い

帯祝いの意義

妊娠して五ヵ月目の戌(いぬ)の日を選んで帯祝いを行う習慣は江戸時代から始まったといいます。
昔から、犬のお産は軽いものとされ、また多産ということもあって、それにあやかりたいという願いをこめて、この日、妊婦は、里方から贈られた腹帯を締めよす。
この腹帯は、岩田帯とよばれます。この名の由来は、岩のように丈夫で、たくましい子が生まれますように、というところからきたといわれます。
腹帯を巻くのは、お腹を支えて動きを楽にし、冷えを防ぐという医学的な意味もありますが、それよりも、出産を控えた妊婦の心の準備を整えさせるという精神的な意味のほうが大きいようです。
五ヵ月というと、お腹のほうもそろそろ目立つようになり、また、お腹の中で赤ちゃんが動くようになる時期でもあり、妊婦に、いよいよ母親になるのだ、という自覚を促すためにもタイムリーな行事といえます。
岩田帯の締め方
スポンサード リンク

着帯式のしきたり

古いしきたりでは、紅白の絹地二筋〈儀式用〉と晒し木綿一筋〈普段用〉の合わせて三筋を重ねて水引きをかけたものに、所によって清酒や鰹節などを添えて里方から贈り、帯親〈子宝に恵まれた年長の女性〉の手で着帯式を行い、その日は仲人や助産婦も招いて赤飯で祝ったりしたようです。
最近では絹地はほとんど使われなくなり、市販の岩田帯は大方が木綿で表に朱で「寿」と書いかものが一般的です。
ちようど妊娠五ヵ月の頃に、水天宮など安産の神さまにお参りをして、安産のお守りとともに、ご祈祷ずみの腹帯を求める風習は今も続いています。

これからの祝い方

昔と違って今は、ほとんどが病院などで出産するため、岩田帯の巻き方も、医師や看護婦さんから指導を受けるようになっており、それも帯をつけるのは着帯式のときだけで、あとは伸縮性のあるガードル式のものなどが使われるケースがふえています。
とにかくよい機会です。妊婦の体の調子のよい日を選んで実家の両親や兄弟姉妹くらいを招いて、ささやかでも心のこもったお祝いをして決意を新たにすることは意義のあることです。この頃から、妊婦も安定期に入ることでもありますし、そろそろ出産準備を始めるのもいいでしょう。やがて生まれる我が子のために、肌着を縫うとか靴下を編むなどしてはどうでしょう。フツフツと実感がわいてくるはずです。

帯祝いに招かれたら

帯にこだわる必要はありません。妊婦のための衣類でもよし、「赤ちゃんのために靴下でも編んであげて」と、毛糸などを贈るのも気かきいています。
帯祝いには、お返しはいりません。
帯祝い
表書き
寿、御祝、御帯祝
水引
のし付紅白蝶結び
贈る時期
妊娠5ヵ月の戌の日まで
目安
5千〜1万円
関連ページ

◆冠婚葬祭マナー百科 ≫ 冠婚葬祭 その他 ≫ のし袋の知識
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科