冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他

クリスマス

クリスマスの由来

ジングルベル、クリスマスツリー、クリスマスケーキ、クリスマスプレゼント、クリスマスパーティー、サンタクロース クリスマスは、今では日本でもすっかりおなしみの行事となりました。
クリスマスは、聖女マリアがうまやのなかでイエスキリストを産んだ日として、世界中のキリスト教徒の間で祝われる宗数的祝祭日です。十二月二十四日から一月六日までを、西洋ではクリスマス季節と呼んで、クリスマスツリーを飾った部屋でクリスマスケーキを切って祝ったり、プレゼントを交換したりするのがならわしです。
キリスト数にもいろいろな宗派があり、宗数的な意味での祝い方は一定していませんが、カトリックのイブ〈前夜祭〉の深夜ミサは、荘厳をもってきこえている行事です。
二十五日は教会や学校でクリスマス祝会が行われ、聖劇などが演じられます。こうした行事が一般化するようになったのは、四世紀末から五世紀の初めにかけてです。

クリスマスプレゼント

クリスマスの楽しみの一つがクリスマスプレゼントです。親子、兄弟姉妹、親せき、友達の間で贈り物を交わす楽しみは格別のものです。形式ばらずに心のこもったものを贈りましょう。手作りのものなど最高です。きれいにリボンをかけて包装し手渡しするのが建て前です。必ず贈り物にはカードを添えたいものです。
クリスマスパーティーに招かれたら、プレゼントは出席するとき持参します。
クリスマスの前に贈られたものは、開かずにツリーの下に積んでおき、当日あけるようにします。
スポンサード リンク

クリスマスカード

遠く離れた友だちにクリスマスカードを贈りましょう。
日本では、まだあまり一般化していませんが、西洋では、日本の年賀状と同じように、年一度のたいせつな社交の便りになっています。
クリスマスカードには祝いのことばが印刷されていますから、「○○より○○様へ」という具合に、名前だけを書き込めばよいのですが、ちょっとしたひと言を加えると、気持ちの通い合うカードになります。
クリスマスカードは、イブまでに届くように早めに出しましょう。特に船便で海外へ出す場合は早く出す必要があります。
クリスマスカードは喪中の人にも送ってよいことになっています。

クリスマス飾り

クリスマスツリーなどのクリスマス飾りがクリスマスの夜を華やかに演出してくれます。

クリスマスツリー

もみの若木が一般に用いられ、子どもがキリストヘの捧げものを吊るしたのが始まりで、ドイツの風習から広まりました。ツリーは一週間くらい前に飾るのがいいでしょう。子どもといっしょに手作りの飾りを飾るのも素敵です。

ひいらぎ

西洋では魔除けの樹とされ、ひいらぎの枝で作った輪をドアにかけて魔除けをします。

ポインセチア

雪の降る季節に真紅に色づく植物で、クリスマスにはかかせない装飾のひとつ。クリスマスツリーに暖かい色どりをそえます。

星、ろうそく

キリスト降誕の夜の光景をテーマにしたもので、クリスマスの飾りつけにはかかせません。
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科