冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他

冬至

冬至の由来

冬至は旧暦でいう二十四節気の一つで、十二月二十二日ごろになります。太陽はこの日、最も南にあり、北半球にある日本では一年中で昼がいちばん短い日となります。東京の場合、最も日が長い夏至よりも四時間五十分も短く、昼が九時間四十五分しがありません。
中国の太陰太陽暦〈日本の旧暦〉では、冬至は暦の起点とされ、厳粛な儀式を行っていましたが、日本にも中世になって伝わり、宮中などでは朔旦冬至(さくたんとうじ)といって祝宴を開いていたようです。
スポンサード リンク

冬至の慣習と健康

この日を境に昼が長くなるので、冬至のことを「一陽来復」(いちようらいふく)、「一陽嘉節」(いちようかせつ)などと呼び、ゆず湯に入ると風邪をひかない、カボチャを食べると中風にかからない、夏の患いを防ぐなどといって、それらのものを食べる風習などがありました。
また、れんこん、みかん、こんにゃくなど、「ん」のつくものを食べると、幸運になるという地方もあります。ほかにも、カボチャのことを唐茄子(とうなす)といったので「ト」のつくものがよいといって、豆腐を食べるところ、小豆粥、小豆団子、赤飯などを食べるところもありました。
これは、生命力が最も弱まる時期で、体力をつける食べ物や薬種として食べたのでしょう。実際には「冬至冬なか冬はじめ」といって、寒さがいっそう厳しくなるころです。また、ゆず湯や菖蒲湯のように、節日に水を使って厄除けする風習もありますから、邪気払いや冬の祭りの供物の意味もあったのでしょう。
ゆず湯は、丸のままでも輪切りでもかまいません。お風呂に入れると香りもよく、体がたいへん温まります。江戸時代には、冬至の日のゆず湯は大賑わいだったといいますが、柑橘類の成分は肌によく、ひび、あかぎれなどにも効果があります。また、カボチャにはビタミンAがたくさん含まれており、皮膚や粘膜、視力、骨や歯にも効果があるものです。
ゆず湯、カボチャ、小豆粥など、寒い季節にはちょうどよいものばかりで、古人の知恵がしのばれます。
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科