冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他

すすはらい

すすはらいのしきたり

十二月十三日を正月事始めの日といいます。
「こと」とは祭り、つまり正月を意味し、十二月十三日は正月を迎える準備をはじめる日というわけです。
すすはらいも、正月事始めの行事のひとつで、十三日に家の中の大掃除をするのが恒例となっていました。しかし、これは単に大掃除というより、神聖な御紋の行事でした。すすはらいを煤掃きともいいますが、その日を「煤取節句」「煤掃節句」とよぶ地方があることからも神祭りのはじまりであったことがわかります。
すすはらいの日には、仕事を休み、家じゅうが総出で大掃除をし、それがすむと、神様に「煤取り団子」を供えたり、「煤掃き餅」や「煤掃き粥」「煤雑炊」といって、一家で餅や雑炊、粥などを食べる習慣がありました。また、すすはらいのあとで入る風呂を「煤湯」といいますが、身も心も、住まいも、できる限り清潔にして年の神を迎えようとしたのです。
この習慣は、この日江戸城の御煤納めが行われたこともあって、江戸時代には一般家庭にも定着し、大正時代までつづきましたが、十三日に大掃除をすると、また汚れてしまうので、しだいに年末近くに繰り下げて行ったようです。
スポンサード リンク

年末の大掃除

今では、すすはらいは寺院が年末の行事として行うくらいで、一般家庭は昔ほど大々的な掃除はやらなくなりました。しかし、ふだん手のまわらなかった高いところや見えない部分を、念入りに掃除する絶好のチャンスです。
十二月に入ると、少しずつ片付けていくと楽ですが、最近は各自治体や町内会で、年末のゴミ収集日が決められていますから、それに合わせて掃除の予定を立てましょう。年末最後のゴミ収集日を、掃除の点検の日に当てるとよいのです。
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科