冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他

酉の市(とりのいち)

鷲(大鳥)神社の祭礼と酉の市

東京足立区・鷲(おおとり)神社の祭礼で、十一月の酉の日にたつ市のことをいいます。ここの祭礼には賭博が開帳されたりして、一時はたいへん賑わったようですが、明治時代に賭博が禁止され、浅草の鷲神社のほうへ客をとられたようです。
鷲神社の本社は境市鳳北町の大鳥神社とされています。東京にも末社がたくさんありますが、浅草の鷲神社、新宿の花園神社、北品川の荏原神社などは有名です。「とりのまち」ともいいますが、まちは町とか祀るが転じたものとか、「庚申待ち」「二十三夜待ち」と同じように、お日待ちの意味ともいわれています。
酉の日は、だいたい二回、年によっては三回あります。初酉を一の酉、次を二の酉、三回目を三の酉とよびます。しかし、一の酉が重視され、お酉さまといえば一の酉をさしています。もともと鷲神社は、武士に信仰されていたようですが、江戸庶民の間では、「とりこむ」に通じるから縁起がよく、開運の神様とされていました。浅草の鷲神社は吉原遊廓に近いこともあって、数十万の参話者があったといいます。
また、三の酉まである年は火事が多いといわれていました。これは、旦那を吉原通いから遠ざけるためという説がありますが、そのほか吉原遊廓に異変があるともいわれていました。
スポンサード リンク

酉の市と熊手

酉の市には縁起物を売る店が並びます。古くは熊手市とか、おかめ市ともいいましたが、呼び物は、なんといっても熊手です。熊手で「福をかきこむ、とりこむ」といって、商売をする人には人気が高く、この習慣は現在までつづいています。その場合、小さな熊手から買い、毎年少しずつ大きなものに買い換えると、商売が年々繁盛するといわれています。また、買い手は商人の言い値で買わず、必ず値段の交渉をして、三本じめの手を打って買い取るのがしきたりです。商家では、この熊手を翌年の酉の市まで人目につく店頭などに飾っておきます。
このほかの縁起物では、八つ頭、黄金餅、お釜おこしなども売っています。八つ頭は、おタカラがたっぷりたまりますようにというわけです。また、八つ頭は大頭ともいうので、人の頭に立つと縁起をかついたものです。
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科