冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他

えびす講

えびす講の由来

えびす〈恵比寿、戎、夷とも書く〉、大黒天、毘沙門天、弁財天、布袋(ほてい)、福禄寿(ふくろくじゅ)、寿老人(じゅろうじん)を七福神といいます。そのうちの恵比寿神を祀る行事で、地方によって違いますが、陰暦十月十日、十月二十日、十一月二十日、一月十日、一月二十日などに行います。
えびすは兵庫県西宮市の西宮神社の祭神で、大国主命とか、事代主命(ことしろぬしのみこと)、あるいは蛭子(ひるこ)を祭り、商売繁盛の神として広く信仰されています。
えびすは、古くは漁業の祖神、海上の守護神として漁民に信仰されていました。右手に釣り竿、左わきに鯛をかかえていることからもわかりますが、「えびす」とは異国人をさす言葉で海の向こうから福をもたらす神ともいえます。やがて宗教芸能者によって各地に広められ、近世になって商売繁盛・家内安全の神として信仰を集めるようになりました。これは、すべての神様が出雲に出はらう神無月〈十月〉に、えびす神だけは残っているといういい伝えから、商家に信仰されるようになったといわれています。また、西宮神社は蛭子を祀ってあり、蛭子三年足立たずで、おあしが出ないので縁起がよいからだともいわれています。
スポンサード リンク

えびす講の行事

商家では、店を早じまいし、えびす神や大黒天に鯛、お神酒、餅、果物などを供え、出入りの商人や親類縁者とともに、盛大な祝宴を催します。その席で、座敷にある品物などに値段をつけ、売り手と買い手に分かれ、商売のまねごとをするしきたりもありました。しかし、今ではまったく行われていません。
有名なのは、大阪・今宮戎神社の十日戎。一月九日を宵戎、十日を本戎、十一日を残り戎といいますが、現在でも商売繁盛を願う人たちでいっぱいです。参詣人は「商売繁盛笹もってこい」の呼び声で売られる福笹、ムカデ小判、米俵などの縁起物を買い、社殿のうしろの羽目板を叩き、大声で神に願いごとをします。
なお、現在もつづいている潰物の「べったら市」は、昔、えびす講に必要なものを売る市が立ったのが、その中でしだいにべったらが帽をきかすようになり専門の市になったものです。
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科