冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他

お月見

中秋の名月とお月見行事

気候がよく、夜空が澄んでいる時期に満月を眺めて楽しむ行事です。特に、旧暦八月十五日の月を「中秋の名月」といって、お月見をする風習があります。今の暦でいうと九月十三日ごろで、秋霖期にあたり、せっかくの名月も見えないことが多いのですが、この行事は今でも全国的に行われています。
中国では唐の時代にすでに行われていたといわれ、瓜や果物、枝豆、鶏頭花、月餅などを月に供えて、観月宴を催していました。日本では平安時代に宮中ではじまりましたが、それには祖霊まつりと秋の収穫を祝う意味があったようです。月に供物を棒げるようになったのは室町時代以降といわれ、一般に広がったのは江戸時代からです。
中秋とは、旧暦の秋は七、八、九の三月で、その真ん中の八月、つまり中の秋というわけです。十五夜ばかりでなく、十三日の月を十三夜、十四日を宵待月、十五日を名月、十六日を十六夜(いざよい)、十七日を立待月(たちまちづき)、十八日を居待月(いまちづき)、十九日を臥待月(ふしまちづき)、更待月(ふけまちづき)といって、月の美しさ、神秘さに思いを馳せています。
月見に関するいい伝えでは、「片月見をしてはいけない」といい、八月の十五夜に月見をした人は九月の十三夜も見なければ、体の不自由な子が生まれるとか、満月に向かって遠くの思う人に語りかけると思いが通じるとかいわれました。また、戦前までは、月見の夜には月見団子やよその畑の芋を盗んでもよいと公認されていたり、月見団子は盗まれたほうがよいとか、残った供物は娘に食べさせてはいけない、という地方もありました。
スポンサード リンク

お月見のしかた

中秋の名月は、里芋を供えるから「芋名月」ともいいますが、お月見は月の出る方角に小机を置き、月見団子を白木の三方にのせ、芋、栗、柿などを供えます。団子にも地方色があり、十五個とか五個というところもあります。また、ヘソモチといって団子を平たく押して、中央に指でくぼみをつくったり、芋の形になぞらえたりするところもあります。
そのほか、秋の七草のすすきや桔梗などを飾ります。
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科