冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他

二百十日

二百十日と風鎮めの祭事

立春から数えて二百十日目、現在の暦でいうと九月一日か二日ごろを「二百十日」といいます。昔はこの日は台風が多いとされ、一説には、江戸中期の天文学者安井春海が暦にのせはじめたといわれていますが、実際には、それ以前の暦にものっていたということです。
ちょうど、このころは稲の開花期にあたり、強い風が吹くと花粉が散り、実りが悪くなることから、二百十日を一つの目安として警戒をうながしていたようです。立春から二百二十日目も「二百二十日」といって、台風が来襲する厄日のように考えられています。
そのため、風鎮めの儀式や祭事を行って、農業や漁業、生活の安全などを祈りました。伝統芸能として注目されている富山県ハ尾町の「風の盆」踊りも、この行事の一つです。
古来、台風を〈正確には台風をともなう暴風〉「野分け」といい、秋の季語にもなっていますが、「台風」という言葉は、明治末に当時の中央気象台長岡田武松がつくったものです。
スポンサード リンク

防災の日

台風は四季を通じて発生しますが、九月の台風は、大陸からくる寒気団のために勢いが弱らず、風雨も強く、大きな風水害をもたらします。そのエネルギーの大きさは、普通の強さの台風でも、現在日本で使う一年間のエネルギーを全部まかなえるほどだ、といわれています。
これまで日本を襲った台風で被害の大きいものは、昭和九年室戸台風、昭和二十年枕崎台風、昭和二十二年キャサリン台風、昭和三十四年伊勢湾台風ですが、大正十二年九月一日には関東大震災が起きています。台風ではなく地震にみまわれたのです。死者・行方不明者十四万人以上、全壊家屋約十三万棟、地震による火災で四十四万棟が消失という大災害でした。
震災後、長い間この日は「関東大震災記念日」とされていましたが、昭和三十五年六月十七日から、台風による災害の予防も含めて「防災の日」となりました。
天災は忘れたころにやってくる、といいます。水の汲み置き、薬箱、懐中電灯、トランジスタラジオ、非常食、衣類、貯金通帳、印鑑、保険証、現金などを、一ヵ所にまとめておきましょう。現金は金融機関が混乱して引き出せない場合がありますので、ぜひ用意しておきたいものです。
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科