冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他
仲人

実質仲人と頼まれ仲人の役割

実質仲人の場合

これは未知であった二人を引き合わせてから、以後婚約、結納、挙式と、いわゆる結びの神の役割を果たし、式の終わった後も、親代わりの存在として、何かと力になり、相談にものる、文字どおりの仲人です。
世話ずきというだけでは片づかない、骨の折れる責任の重い役割です。
スポンサード リンク

頼まれ仲人の場合

同じ職場で恋が芽生え、いよいよ結婚の意志がかたまってから、職場の上司に仲人〈媒酌人〉をお願いするとか、見合い、婚約と骨を折ってくださった方はあるけれど、二人の将来や両家の格式などから、社会的に地位のある人などを結婚式のときの正式媒酌人にお願いするといった、いわゆる頼まれ仲人もあります。
この場合の仲人は、結婚式の立会人となること、披露宴の際のあいさつなどが、そのおもな役割です。

仲人の資格

独身者が仲人をしてはいけない、ということもありません。また、夫婦でない一組の男女が媒酌人になってもかまいません。
しかし、しあわせな夫婦の出発の儀式に立ち会う媒酌人は、やはり若い二人が「あやかりたい」と思えるような仲のよい夫婦であることが望ましいのは当然です。
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科