冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他
荷物送り

荷物送り

送り方はこだわらない

昔と違って今日の結婚は、家と家との問題ではなく、本人たちが中心という考え方から、裃(かみしも)をつけたような格式一点ばりの風は、どうしても若い人々には敬遠されます。
したがって荷物送りも、わざわざ忙しい媒酌人の手や使者の手をわずらわさず、親しくしている人とか、あるいは伯叔父(おじ)などにお願いして、結婚式前の一週間から前々日ごろまでに、荷物に同乗して届けてもらうというのがふつうです。この役目がいわゆる、宰領(さいりょう)さんとよばれるものですが、最近では送り先も、必ずしも男性側の親の家とはかぎらないし、新しい住宅やマンションの場合もあります。

「荷物目録」と「受書」を

本箱とか、洋ダンスとか品名を記した「荷物目録」と、品物およびカギを預かり、それを無事先方へ送り届けることができればよいので、昔のように送り方にはあまりこだわらなくなっています。「お荷物をお届けにまいりましたから、お調べのうえ、お受け取りください」とあいさつし、一方、男性側でも、届けられた目録と現品とを照合し、「目録のとおりたしかにお受けいたしました」と答え、受書を書いて荷宰領役の人に渡します。
この場合、荷宰領役の人が女性側の親族〈兄とか、伯叔父〉であれば、その労を謝す意味で座敷へ通して軽いもてなしをしますが、近所の人とか、あるいは出入りの人とかの場合は、「酒肴料(しゅこうりょう)」として応分の金を包んで贈ればよいでしょう。
地方によっては、荷物送りに受書を出さないのが正式とされているところもあります。たんなる届け人として来た人の場合は受書を出しますが、正式の使者、また略式によって媒酌人自身送ってきた場合には、受書を出さないのが礼儀とされています。
スポンサード リンク

家族におみやげを贈る

地方の習慣によっては、家族の人たちに、それぞれおみやげを贈ることが行われていますが、これは昔は相当広くあった慣習です。
みやげ品は白布地、反物、扇子などが多く、いまでも昔かたぎの人はそれを望む傾向が強いようです。しかし現在ではもっと近代的な、その人にいちばんふさわしいものを贈るようになっています。たとえば父親にはネクタイ、母親には帯じめ、妹にはハンドバッグ、弟には万年筆など。紅白の水引きをかけて「寿」としるし、左上に父上様、母上様などと書き、下に花嫁の名を書きます。
さて、こういう家族あてのおみやげ品も、荷物送りのときに、共に送られてきますが、受け取る側は、嫁入道具とともにきちんと並べておき、けっして中を見たり、カギをあけたりしないこと。
そしていよいよ式をすませた花嫁が、その家の人になったときに、花嫁の手からそれぞれの人へ贈るのが礼儀とされます。
なお、新婦が里帰りのときに、必ずそれに相当する品を新郎の名で新婦の家族にお返しします。
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科