冠婚葬祭のしきたり・マナー・フォーマルウェアなどを最新の情報とデータにもとづいてわかりやすく紹介
冠婚葬祭マナー百科
冠婚葬祭の冠 冠婚葬祭の婚 冠婚葬祭の葬 冠婚葬祭の祭 その他
ウエディングドレス

式服の用意

式服選びのポイント

花嫁花婿の調和が第一

生涯最高の晴れの日に装う結婚衣装は、格調高く、気品のあるものを選ぶことが大切。式や披露宴の雰囲気によく合い、二人の装いの調和がとれていることも大事です。それには二人の装いの格をそろえる必要があります。冠婚葬祭の装いには、いろいろしきたりが多いものですが、基本をふまえたうえで、二人の感性をプラスして若々しさをあらわすとよいでしょう。
ちなみに、正式な結婚衣装は、和装なら打ち掛けと紋つき羽織袴の紋服、洋装ならウエディングドレスとモーニングコート〈夕方から夜にかけての披露宴にはタキシード〉となります。
もう少し簡略化した挙式や披露宴のお色直しで、花嫁が訪問着やカクテルドレスなどを着るときは、花婿もディレクターズスーツやブラックスーツの略礼装となります。
いずれにしても、花婿の衣装は花嫁衣装に合わせるようにします。

式服の手配は早めに

洋装でいくか、和装でいくか、つくるのか、借りるのか、お色直しはどうするか。双方でよく打ち合わせて決定し、なるべく早く手配します。とくに新しくつくる場合は、相当余裕をみる必要があります。

花嫁の装い

打ち掛けは体型や個性に合った色柄を選ぶ

和装の花嫁衣装には、白無垢(しろむく)、打ち掛け、黒地の本振り袖があります。
白無垢は、すべてを白で装う格式高い花嫁衣装として昔から尊ばれています。
打ち掛けは、白地と色ものがあり、もっとも人気のある花嫁衣装です。掛け下とよぱれる振り袖の上に着るもので、丈が調節できませんから、体型に合った柄を選ぶのがポイント。体格のよい人や顔立ちのはっきりした人ははっきりした色で柄の大きいものが映えます。小柄でやさしい顔立ちの人は、白地や淡い色の地で総括のものが似合うでしょう。

ウエディングドレスは純白で裾とベールの長いのが正式

初婚の花嫁は、純白のドレスで、裾とベールは長いトレーンを引き、襟はハイネック、袖は手首までのものが正式とされます。その時代時代の流行をある程度とり入れることはありますが、なるべく肌を見せないデザインにするのが基本です。個性的ななかにも気品を失うことのないようにしたいものです。
トレーンを引かないドレスや、白以外の色を加えたもの、ベールの短いものは準礼装となります。アクセサリーは真珠が基本ですが、最近はダイヤモンドを加えた豪華なものも使われます。

ヘッドドレスのデザインは

ヘッドドレスは、クラウン、ティアラ、リースなど格調の高いものに長くトレーンを引いたもの、シニヨンなどのつばなし帽子に肩までの短いベールをつけたものなど。ベールは長いほどフォーマルとされます。
花嫁の体型や、ドレスのデザインやブーケにマッチしたものを選びましょう。また、ベールの頭飾りにつける花は、さわやかな香りがあり、繁栄を意味する白いオレンジの花が最高とされますが、季節の白い小花でよいでしょう。

ブーケは花婿が贈るもの

花嫁の持つ花束〈ブーケ〉は、ふつう白が用いられますが、白の中に淡いピンクや黄色、ブルーなどを少しまぜてデザインしてもよいでしょう。造花は準礼装となります。
花は、カトレアなどのらん、フリージア、バラ、カーネーション、すずらん、ブバリアなどなんでもよいのです。季節の花や好きな花、彼との思い出の花など、ドレスや頭飾りとの調和を考えて。
本来は花婿が花嫁に贈り、ブーケの一輪を花婿の上着の襟につけるものですが、ブーケとブートニアを対で花屋に注文してもよいでしょう。

略式ならカクテルドレスで

略式の結婚衣装なら、カクテルドレスがふさわしいでしょう。サテン、タッタ、レースなどの明るい色のドレスに、ドレスと同じ色の髪飾り、真珠や宝石のネックレス、ドレスに合わせた手袋、布・スエード・エナメルのパンプスなど、略式であっても上品で華やかに装いましょう。
白にかぎらず、ドレスや雰囲気にふさわしい花束を持ちます。
スポンサード リンク

花婿の装い

花婿の衣装は時間帯で変わる

花嫁の衣装に合わせますが、格をそろえることが基本です。和装の花嫁にモーニング姿の花婿という組み合わせも多いようですが、できれば和装は和装、あるいは洋装は洋装でそろえたほうがスマートです。
洋装の場合は、昼間はモーニング、夕方以降はタキシードと、装いが変わります。

若々しさをプラスする

モーニングは黒が正式ですが、グレーの上下とベストにアスコットタイというのも若々しくておしゃれな感じです。
ディレクターズスーツは、モーニング用の縞のズボンにブラックスーツの上着を組み合わせたもので、昼間の準礼装。ワイシャツや小物はモーニングに準じます。モーニングを着るほどでもないときに最適の装いです。
タキシードは、本来は夜の準礼装でしたが最近は実質的に第一礼装として認められてきました。
色は黒かミッドナイトブルー。白のタキシードは、昼間の結婚披露宴で新郎のお色直しとして着ることがあります。

お色直し

回数はなるべく少なく

お色直しとは、花嫁が婚家の家風になじむ決意として、白無垢から色振り袖に変わるのが本来の姿でしたが、現在では、このようなしきたり感は薄れ、格調高い式服から華やかなパーティーウェアに着替えることをさします。
ことに最近は、花嫁ばかりでなく花婿もそろってお色直しをする傾向にあり、何度もお色直しをするケースもみられます。
本来なら、新郎・新婦が出向いてあいさつすべきところを、わざわざ出席していただくのですから、主催者である二人が宴の途中で何度も席をはずすのは失礼にあたります。お色直しの回数はなるべく少なくするのがマナーです。

式服と和洋を替えるのもよい

式服が和装ならお色直しは洋装で、というように和洋を逆にすると華やかな雰囲気を演出するのに効果的です。ただし、着替えに時間をとられないようなスタイルのものにすること。

披露宴の時間帯に合わせる

夕刻から夜にかけて披露宴が行われる場合、新郎はタキシード、新婦はイブニングドレスかカクテルドレス。午後の場合は、新婦はアフタヌーンドレス。新郎の装いとして最近人気のあるのがファンシータキシードです。黒や白以外の色柄を自由に使ったもので、ラメ入りやベルベットのものもありますがあくまでも品位を失わないように。ズボンは黒か濃い紺です。

式服の手配

ウエディングドレスをつくるなら

まず、生涯二度と着ることもなく、その利用度の低いきものの式服は、新調や買い入れの必要はないでしょう。ただ、あとで生地を他に転用することも可能なウエディングドレスは、洋裁に自信のある人だったら、自分の手でつくってみるのも一法です。
オーダーメイドは、生地やデザインによっては既製服や貸衣装より安くできる場合もあります。お色直しを何回もする費用を、自分だけのオリジナルのウエディングドレスにあてるのも一つの考え方です。
オーダーメイドの場合は、デザインの相談から出発するわけですから、四、五十日前から発注する必要があり、結婚式の日どりに合わせて、遅れないように用意しなければなりません。イージーオーダーの場合でも、二十日ぐらいの期間は必要です。
ドレスの下着は、オールインワンやスリーインワンの大型下着がよいか、個々の下着がよいかは、自分の好みやスタイルに合わせて整えます。ドレスの仮縫いや既製服を買うときでも、必ず、当日の下着を身につけて着てみることが肝心です。

レンタルの予約は早めに

貸衣装を利用する場合は、シーズンに入る前にきめて、早めに予約を。ぎりぎりになると好きな衣装が選べません。
休日や祝日は、よい衣装は借りられていることが多いので、避けたほうがよいでしょう。
予算に合わせた値段でいろいろ見せてもらい、薄汚れたり、くたびれた感じのものでない、第一印象のよいものを選びましょう。
和装の場合は、実際に着てみて、柄の感じや雰囲気が自分に合うかどうか、会場で見栄えがするかなどをチェックすること。和服にくわしい人といっしょに行ってアドバイスしてもらうとよいでしょう。
スポンサード リンク
冠婚葬祭マナー百科